カテゴリー「書籍・雑誌」の5件の記事

『90年代日本のロック / ポップス・ディスク・ガイド』&カラスヤサトシ

昨日は、突然急に全身じんましん(顔は出ず)が出てびびる。

晩ご飯のさんまぐらいしか、思い当たるふしもなし。

てか、さんまもいつも食べまくりなんだけど・・・謎だ。

今日は微妙にだるい。

花粉症のじんましんバージョンなのか?果たして、そんなものはあるのか?

もしくは、昨夜、石けん作ってたんで、精油のレモングラスかなぁ。

レモングラスは確かイネ科、イネ科はアレルギーあった記憶。

もしレモングラスからのじんましんなら、そんなもんを石けんに使ってよいのか?という不安がよぎる・・・。

でも、さんまにしても、レモングラスにしてもどっちも今まで何ら問題なかったんだから、単に自分の調子が悪いのかもしんないが。

今日は↓の「90年代日本のロック / ポップス・ディスク・ガイド」って、本をちらりと立ち読みした。

  Magazine (Book)/Groovy 90’s 90年代日本のロック / ポップス・ディスク・ガイド Music Magazine 2010年3月号増刊  








エレカシについては、アルバム2枚、「生活」と「明日に向かって走れ」が選ばれていた。

あと2000年代のアルバム16選ってのもあり、エレカシはなかったが、アジカンの「君繋ファイブエム」は選ばれてた。


あと、音楽には関係ないんだけれど、この本で、エレカシのところでコメントしてた「カラスヤサトシ」って漫画家が気になってしかたない。

枚方市出身ってのも、親近感つうか。

カラスヤさんは↓こんな漫画描いてるみたいで。。自分の名前がタイトルなのね。。読んでみたいわー。

 カラスヤサトシ (アフタヌーンKC)


あ~、なんかしんどい。

ちと寝ます。

| | コメント (8)

素敵女子…第2弾。中谷美紀&蒼井優

最近、素敵女子に、中谷美紀ちゃん、急浮上↑

今、中谷美紀の「自虐の詩日記」ってのを読んでるが、なんか文章が美しいというか独特の雰囲気があって、なんか素敵shine

自虐の詩日記 (幻冬舎文庫)自虐の詩日記 (幻冬舎文庫)

著者:中谷 美紀
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なぜ突然に中谷美紀?

というのはですね、単純でミーハー全開です。

ドラマの「jin・仁」での花魁姿に惚れました。

jin最終回のこのシーンはなんど見ても熱くなります!!←ちなみにこのシーンは花魁姿ではありません・・・。




↓あと蒼井優ちゃんの「ダンデライオン」って写真集すごくほしい。

極寒ロシアに旅してる蒼井優ちゃんです!これはいいに決まっている!

でもでも、エレに相当金をつぎ込んでいるだけに、グッ!と我慢しております。

極寒ロシアの着ぶくれ優ちゃんとか、チェブラーシカと優ちゃんとかもあるのかな?

もう、想像しただけで、ドキドキheart04しちゃうよね!←変態やな。

蒼井優写真集 「ダンデライオン」蒼井優写真集 「ダンデライオン」

著者:蒼井 優
販売元:ロッキングオン
Amazon.co.jpで詳細を確認する




↓「トラベル・サンド」は、旅先が激暑のアメリカだからでしょうか、イマイチそそられません。←なんでやねん?

でも、夏の優ちゃんも、なんとなーく見てみたいので、とりあえずは図書館で予約した。

しっかし、優ちゃんはなんで、こんなにもかわいいの?

すっぴんらしいですよ。すっぴん。はー、ためいき。

 トラベル・サンド 蒼井優 トラベル・サンド 蒼井優
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (8)

絵本「3びきのくま」

 この前、急に、「3びきのくま」を読みたくなった。

たまらなく読みたくなった。

みなさんも、きっとなんらかの思い出のある本ではないでしょうか?

この本の中で一番好きだったというか、記憶していたのは、「スープがうまそう♪」ってことcoldsweats01

あとなんでも、大きいスープ。中ぐらいのスープ。小さいスープ。という風に、大・中・小が繰り返されるのがたまらなくおもしろかった。

繰り返されるだけでテンション上がる~~upってな感じ(なんでかはわかんないけど)

 で、今日、うちの姉と「3びきのくま」の話をしてみた。


姉:「やっぱな。あんたはスープのことやと思った」

あたし:「へっ?」

姉:「いやしいからな。あんたは、昔から」

あたし:「へ?」

姉:「あたしはなー、少女が小さいベットで寝てるとこが一番覚えてるなー。なんか気持ち良さそうでさ~heart02

あたし:「・・・・・・。」
(おねえよ。あんただけ何故に乙女ぶるかね?)←ってのは、怖いから決して言えない。言ってはなるまい。この一言は。

…というどうでもいい話はおいといて。


 
久しぶり思い出して買った本(ちなみにマメ子用ですよん)は、コレ↓     
イギリス民話 3びきのくまイギリス民話 3びきのくま

著者:バーナデット ワッツ
販売元:西村書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


でも、なんかコレじゃないんだなー。あたしが思ってたのはコレじゃない。

「スープ」のとこが「おかゆ」になってる。

「おかゆ」やったんか?長年の勘違い?

ほんでもって、大おかゆと中おかゆの絵がね、どっちが大でどっちが中やねん?ってわかりずらいし。

そんなこと気にせんでもええねんけど、でも気になる。。←ナニモノやねん?

なんかおかゆがうまそうに見えないのも気になる←変なヤツ。

でも、絵はかわゆいけどな。。絵はさ。。素敵ですshine

 
で、amazonでさぐってみる。。。

あたしが読んでたのはコレだ!!

絶対コレ!↓

3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

著者:トルストイ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これはトルストイでロシアなの?

上のは、イギリスってなってるけど??

同じ話っぽいのにね、「3びきのくま」の謎が深まるね。。

絵がなんかおもしろいし。個人的には。。このトルストイ派だな~~。

 

そして、この話の内容は、今読み返すと、全く謎でした。

 クマ一家が、散歩中に、少女がクマさん家に勝手に入って、スープ飲む、イス壊す、あげくにベッドで寝る、って

な破天荒(?)ぶりがおもろいんですけど、最後にクマ一家が、帰宅すると、少女はスタコラサッサッと逃げ帰りましたとさ。

 ってな話なんですけど。

なんか最後は、急に現実的というか。

やっぱ普通にクマさんにビビって逃げるんだねーって「ふぅ~~ん」って思ってしまった。

仲良くなって、一緒にご飯食べたりはしないんだねー。←何を望んでいるんだ!

 これはいったい何が言いたいんだろうね?

森のくまさんには注意しろよ!怖いんだぞ!ってなことなんでしょうか?

小さい頃は、まったくこの結末は気にしてなかったなー。

やはり、姉の言うように、スープおかゆのことしか考えてなかったいやしい自分なのである。。。

ちなみに、マメ子は、ぼうやのクマくんのイスが壊れるところに一番興味があるみたいでした。。。

ぼうや=マメ子ってな感じなので、自分のイスが壊されたみたいにカナシそうです。

| | コメント (4)

ベニシアのハーブ便り

買ってしまった。

ベニシア本。

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary

本は結構、買わずに、図書館で借りるタイプ(だってすぐ飽きるから)なんだけど。

このベニシア本はどうしても家に置いときたくって買ってしまった。

お値段、1900円+税。

どうでしょ?

ちょっと高いでしょうか?

でも、案外コストパフォーマンスはいいのでは?って思ってますよ。

というのは、ベニシアのハーブレシピがたんまり載ってます。

「ええ?いいの、ベニシアさん、こんなに載せて??」ってな感じ。

ケーキから、肥料から、不眠の薬、石けん、ジュース…etc。

もうレシピ満載です。

しかも、写真が綺麗で、ベニシアライフに憧れてるあたしは、見てるだけで満足できます(と言って自分の庭をいじるわけでもなくダラダラしてるんだけど…)

写真と翻訳はダンナさんが担当してるみたいです。

そんなとこもなんとなくほんわかしていいなぁとか思ったり。

もし高いし買おうかどうか迷ってる(みなさんはチェブみたいにせこくないかな)なら、買ってしまってもいいかもです。

「あ~買ってよかった」ってスッキリしたよ~。

中はこんな感じ↓(携帯画像なんで汚くてすいません)

Image180 Image178 Image179 Image177_2

あたしが興味を持ったのは手作り石けんレシピ。

これを見て突然急に石けんを作ってみたくなりました。

白黒ですが、写真入りで石けんの作り方が載ってます。

材料の一つ、苛性ソーダってモノが曲者ですね。劇薬っぽいです(触れると肌が火傷するとか)

その苛性はどこに売ってるんだ?それは載ってないでー。

油脂(オリーブオイルなど)と苛性ソーダを混ぜ合わせる時は、ゴーグルかメガネeyeglassをせよ!となってます。

しかも、20分間も混ぜるみたい。キツー!

なんか怖いね。キッチンでゴーグルeyeglassして混ぜ混ぜする図が。

材料は、油、苛性ソーダ、水、ハーブでできるってなってるよ。

マジかいな?石けんってそんな単純なん?

もう少し勉強して、「手作り石けん」にトライしてみようと思います♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

AB型自分の説明書

本屋bookへ。

目的は、ファッション雑誌、「ナチュリラVol.2」。

ナチュリラ vol.2―大人ナチュラルな着こなしのほん (2) (別冊美しい部屋)

はっきり言って、おしゃれとか、どうでもよくなってるんだけど、自分に喝impactを入れる為に購入。

もうそれぐらいしないと、マジやばいwobbly

毎日同じ服、着やすくて、楽チン♪な服で、いーじゃないのってなことになってる。
だいだい、おしゃれってなによ?

昨日、友達のワラビちゃんと電話してて、おっさん化が更にパワーアップしてるよなーって…。
しかも、年々、加速度までついて来てるよ。クーbearing

ま、そんなこんなわけで、ナチュリラをゲットしました。

そんでもって、とりあえず店内をぐるぐると。
そこでちと話題の本みたいなコーナーで、気になる本がありました。

「AB型自分の説明書」ってやつ。

AB型自分の説明書

で、ぱらぱらと立ち読みしてたら、ガガガーと一冊読んでしまいました。
ええ、最後まで立ち読みです。
かなりおもしろかったです。
挿絵とかも、ゆるーい感じでおもしろくて、一人立ち読みして、「にへら」と笑う妙齢の女でした。
やばいね、自分。

今、amazonでこの本を調べましたら、ベストセラー8位にランクイン!!うそ!?

あ~でもでも、買うというのはどうなんでしょう?
すぐ最後まで読めちゃいますよ、ぱらぱらしたら、すぐに終わりよ。
ま、買うかどうかは人の勝手だけど←これABだ、きっと。

自分の場合、かなりAB型度が高いというか、かなり当たってました。

「親しきなかにも礼儀あり」
とか、
「もっとこっちおいで~~、ここのラインまでね~(にこり)」
とか、
「親しくなるまで、なかなか家の中に人を入れない。ちょっと玄関で待っててね」
とか、
人との距離感のとり方の特徴とか笑えました。
基本、人のことは大好きなんだけど、そうなっちゃうのわかる。
どうしても踏み込めないというか、ちょっと、距離おくのが心地よいというか。
ベタベタできないし、やり方もわかんないです…coldsweats01

このシリーズ、A型、B型、AB型と出てるけど、O型はなかったです。
また、しばらくすると出るんだろうけど。

| | コメント (20) | トラックバック (0)