« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の3件の記事

たすけてー。

今、ラジオ聴いてたら、すごい号泣してしまった。びっくりしたよ。

何やの、この曲?

なんかドラえもんの「おばあちゃんの思い出」と通ずるもんあるよ。

この曲はあかんこれはあかん・・・泣きすぎてしんどい。

↓泣いても大丈夫な人だけ、見てください。(とりあえず、衝撃だったので貼っておく)


【トイレの神様 植村花菜】

| | コメント (4)

ジャパン・サーキット大阪「山崎死闘編」のチケット

昨日は、暑かった!

確実に春はもうそこまで来てる!てか、初夏ちゃうのん?

みやじが桜の花より好きだという、激シブの梅の花も咲いて来てるよ!

毎年、きちんと同じ季節に裏切ることなく楽しませてくれる花たち。

 小さき花を見るために~小さき花を見るために~(ってなみやじの歌をふと思い出した。←中毒症状)

そして、春は別れの季節でもありますな~。

あたしにとって、この春は、まさに別れの春となりそうですdown

正直寂しすぎて、どうしていいのかわからんので気合で乗り切ろうと思う。

もうこうなりゃ気合しかない。アニマル浜口さま、降臨よろしく!?

ってことで、本題です。

4月11日開催のジャパン・サーキット大阪「山崎死闘編」の先行チケット、一階立見席当選してました!

これでエレカシ飢餓状態から脱却できそうです・・・はぁぁぁ。中毒ってほんと辛いもんですね。

今回のジャパンサーキット大阪、3969(さんきゅーろっく)円と、お値段がかなりお安いですよねー。

ロッキンの山崎さんに感謝です!!ちょっと山崎さんの好感度upしたよねー!←てか、あんた何様。

あんまりワンマン以外は興味ないんだけど、今回はお値段の安さ(相変わらずセコイ)と、エレカシ&アジカンもちと見たい!ってなミーハー心ムクムクで、行く気になりました。

そして、会場の堂島リバーフォーラムってとこも、初めてなんで、どんな感じなんだろうと気になってます。

キャパ的には2000人ぐらいで、zepp大阪と同じぐらいか。

場所的には、zeppより堂島が断然便利。

で、アジカン、勉強中です。(はっきし言うて、もうエレカシは勉強するアルバムもない。ほとんど聴き込んだ。)

早速、図書館でアルバム三枚(ソルファ、君繋ファイブエム、ワールド ワールド ワールド)借りてきた。

このアルバムの中では、ダントツに「君繋ファイブエム」が好きです。

その中の曲では、「未来の破片」とか、「無限グライダー」も良いんだけど、特に「君という花」が好きです。リズムが癖になる感じで楽しい♪

是非、生の君花を聴いてみたい!

ごっち、頼む!←ファンでもないのに慣れこい。

ソルファソルファ

アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION
販売元:キューンレコード
発売日:2004/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する


君繋ファイブエム君繋ファイブエム


アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION

販売元:キューンレコード

発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ワールド ワールド ワールドワールド ワールド ワールド


アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION

販売元:キューンレコード

発売日:2008/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

映画「自虐の詩」

中谷美紀が主演している自虐の詩を見た。

ミポリン主演の「サヨナライツカ」より、「自虐の詩」のが、心に染みて泣けるというのは、なんか・・・どうなの?

中谷美紀(=幸江)は、やっぱいいなぁ~!

そして、阿部寛(=イサオ)も、セリフはほとんどないが、好演。

無口なくせにあの存在感と、ちゃぶ台飛ばしのキメポーズ(?)に、見入ってしまいましたわ。

イサオは阿部ちゃんしか考えられない。もちろん幸江もだけど。


と言いつつ個人的にこの映画の中で一番好きだったのは、幸江の中学時代のお話。←あべちゃんも中谷も出てないところ(どないやねん)

幸江の不幸(?)な生い立ち。貧乏ゆえに、いじめられていた。

でも、そんな中、同じ貧乏友達の熊本さんとだけは、なんとなーく仲良くしていた。

めざし(一個だけ)弁当や日の丸弁当を一緒に食べたり、学校のにわとりを一緒に盗んだり(!)

なのに、幸江は、ある日、人気グループの頭もよくてかわゆい藤沢さん(例えるならめちゃモテ委員長です)にお弁当を一緒に食べようと誘われ、あっさり熊本さんを裏切り、藤沢さんのグループに入る。

そんな時に、父親(西田敏行)が、女の為に銀行強盗をして、逮捕される(あほやな)

なもんで、その日から中学校では総スカン。

そんな時にでも、熊本さんは幸江を無視しなかった。

幸江が裏切ったことについては、殺人(!)までいっちゃうのでは?というほどの大喧嘩をして、和解。(ちなみに、殺しそうになるのは、幸江の方です。大きい石で熊本さんを殴りよった・・ヒドイわ)

 「近くにいても、遠くにいても、あなたの事は忘れない。
 嬉しい時も、悲しい時も、あなたと友達でいる。ずっと友達でいる・・・」

ということで、二人は親友になった。たぶん。

この殴り合いのシーンもよかった。でも、さらに良いのが幸江が上京するシーンなのです。

幸江が中学卒業して、気仙沼を離れたった一人で電車に乗り東京へ向かうまさにその時、熊本さんがお弁当を持って駅までかけてきて見送るところは、声あげてワンワン泣いた(一人で見てるので問題はない)

熊本さんも、極貧で、いつも学校では、白ごはんの上に、めざし一本だけのってるお弁当なんですよ。

それなのに、幸江にあげるお弁当には、たまごとか、ウィンナーとかも入った、最高にゴージャス弁当なんです。それと5円玉をたくさん数珠みたく連ねたお餞別も・・・。熊本さんの出来る限りの精一杯・・・。

ユーミンの歌の「ぎこちないぬくもりほど泣きたくなる」ってな歌詞を思い出した。

しかし、この熊本さん素敵過ぎ。大好き!女の友情ってのもいいもんですね。

Kamekuma Jigyaku_act06←熊本さん。左のは亀と七輪持ってます。。かっこえーわheart04



そして、中学卒業して上京した幸江ちゃんを待っていたのは幸せとは正反対。まさに転落人生。

幻覚症状が出てるほどのシャブ中&売春婦になっております。

イサオと幸江の出会いのシーン。

そんな幸江の前に、ヤクザのイサオが、ロン毛&マトリックス風な姿で、登場します。

このヤクザのイサオがパンチパーマのイサオよりかっこいいのかは、全く謎だけど、幸江を一途に愛する力はすごかったなー、ほんとに。

だって、パンチパーマのイサオはニートでちゃぶ台ひっくり返すだけなのに、このヤクザマトリックスイサオは別人のように幸江に優しいのです。昔はこんなに一途だったのねーとビビります。

ボロボロな姿のシャブ中幸江でも、イサオは幸江のことがただただ大好きなんです。

そして、幸江をつれて逃げ出す為に、小指を詰めて(!!)堅気になって、迎えに来たイサオです。(そういえばロン毛でもなく、パンチでもなく普通の短髪ですね、この時は)

それは、まさに白馬に乗った王子様ではなかろうか!?(ほんまかいな)

こんな、ヤクザなイサオとシャブ中幸江の出会いのお話を見て、摩訶不思議なる愛の形もアリだな。ウンウン。て思ってしまったが、どうなんだろう?


最後に、中学時代からずっと何十年も会ってなかった、熊本さん(=アジャコング)と幸江が再会するシーンがあるんですけど、ここがまたなんか泣けた。

やっぱ熊本さん=アジャコングが良い!個性のキツさが、熊本さんの強さ、ふところのでかさを感じさせていいなぁ!やっぱ熊本さんラブです。惚れた!heart04

お互いあの辛い中学時代があったけど、今はなんかねー、二人とも、普通に(?)幸せそうでさ・・・よかったよなぁ!

やっぱ親友は、会わない期間が長かろうが、そんなの関係ないんだねー。

一瞬で中学時代の幸江と熊本さんでさ~。言葉なんかイランって感じでさ~、グッとくるよなー、ここ。

Aja←大人になった熊本さん(=アジャコング)



イサオと幸江の摩訶不思議な一途な愛もいいんだけれど、幸江と熊本さんの友情物語がすごくよかった。

自虐の詩と言いつつも、最後はあたたかくなるそんな素敵な映画です。

今、主題歌「海原の月」を聴いただけで、映画を思いだして熱いもんが込み上げてきます。

次は「嫌われ松子の一生」見てみようと思います!

| | コメント (6)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »