« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の3件の記事

スウェット地のラグランワンピース(マメ子&自分用)

①マメ子のワンピース

素材は生成り色のニット地。
衿と袖口の見返しをヒッコリーパンツを作った時の残りのブラックウォッチ使用。

心配したニット地ですが、普通の生地と同じように出来た。
糸もニット用を使わずに、いつもの糸で縫ってみた。
でも縫う時に、ニット縫い(細かいジグザグ)を選んだりもした。←本の指示に従った。
ちなみにクライムキさんはオゼキ株式会社ってとこの「ミロ」って糸をいつも使っているそうです。

ポケット、袖、衿での山道テープ。
これになんとなく苦戦した・・・。
この山道テープはもう二度とやらないかも。

衿ぐりの部分、マメ子は細いので、110cmの型紙を使用した。ちなみに丈は130cmで型紙を作りました。
なのに何故にどうして?仕上がってマメ子に着てもらうと、まだまだまだ衿ぐりデカイやん!
衿んとこからずり落ちて肩が見えそう・・・でろ~~んと、めちゃだらしないマメ子になってるwobbly
なので、泣く泣く、4cmも衿ぐりを小さくしましたdown
はっきし言うてこの作業はおそろしくしんどかった。(クライムキさま、もう少し衿ぐり小さいパターンもあればうれしく思います。ガリ子の母より)
一回出来上がった服なのに、かなりたくさんほどきまくりんぐで、がんばりましたcrying
エレカシのアルバム「俺の道」(しつこく聴いてる)で、「どりゃ~~!」とシャウトしつつ、このほどきまくりんぐ=退行のイライラをなんとか乗り越えましたpunch

ちなみにマメ子のワンピの費用は生地代の1000円(1m購入)ぐらい。

5


51←後ろから見たとこ。


52←苦労した衿・・・。


写真がイマイチですよね。すいません。
デジカメ、ぶっ壊れてしまいまして、ケータイおんりーなんですわ、我が家happy02

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

②自分用のワンピース
マメ子のポケット&山道テープで苦戦したので、そこの部分は全部カットhairsalonし、シンプルなラグランワンピース。
シンプルなのが一番です!!

素材は、マメ子と同じニット地。柄はボーダー。
見返し部分は、そこいらにあった、生成りの木綿使用。

マメ子の時に気になった衿ぐりも、あたしはまったく気にならず・・・逆にちょうど良い感じですpig
衿ぐりが大きいので、このラグランワンピの型紙で、ニット地以外の素材でシンプルワンピを作ってもいいかもです。
伸びない素材だって、ガンガン脱いだり着たりできるし、楽チンそうです♪
ラグランワンピの形はなかなか気に入ってます。
袖を短くしたり、長くしたりいろいろ楽しめそうgood

ちなみに、こちらの材料費は2000円ぐらいです。
クライムキさんの本の型紙通りにすると、袖がたぶん七分ぐらいなんだけど、あたしは半袖にしたので、布地が少な目(1m30ぐらい?)ですみました。
ノースリーブなら、大人用で、1mなくてもできると思う(着丈さえあればよい。たぶん)

6


使用した本はコレ↓

クライ・ムキのママとおそろい服 (Heart Warming Life Series)クライ・ムキのママとおそろい服 (Heart Warming Life Series)

著者:クライ・ムキ
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (10)

明日に向かって歩け!/宮本浩次

明日に向かって歩け!   [本]
明日に向かって歩け! [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する


楽しく読めました。なんせファンだから。
きっとみやじに興味がないと全くおもしろくないんだろうな。
内容は「みやじ日記」(2000年6月~2001年6月まで)です。
やはり、バカ正直(そこが大好き!)なんで、開けっぴろげに、つらつら書いてはります。
かなり身近に感じられます。気取りがないからかなー。
生きることが憂鬱っぽいね、全般的に。でも、死ぬ気はさらさらないのだそうだ。
生まれた時から死刑宣告。「明日に向かって歩け!」は死にむかってる。とかそんな人生観ぽい。
政治に興味があるみたいで、政治の話も出たりしてました(そこんとこは睡魔に襲われた)

おもろかったのは、みやじの狂気というか、やっぱ変人やな~(笑)と再確認できるとこがあり、楽しめた(どないやねん!)
その「なんじゃ?みやじ?」と思ったとこや印象に残っているところをつらつらと記録しておく。
なんせこの本は、廃盤で、手に入れることができない。(あたしは図書館で借りた)
決して、内容を忘れてはならないのだ!←別にそんな熱くならなくても・・・。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

①中学生の頃、醤油の瓶がなにかの拍子で割れた。それを片付ける母親の姿を見て腹立てた。暴れてふすま破る。電気ストーブたたき壊す。

みやじいわく、愛情の裏返しだそうですが・・・。ほんまかいな?どないやねん?

②「あなたはどう思う?」このセリフがやたらに登場

人の目を気にするタイプ?

③ドラマ「愛していると言ってくれ」は好きだった。

へぇー。あたしも。(だからどないやねん!)

④人生の半分は女のことで悩んでいる(書いてる当時34歳ぐらい)

半分て多くないか?

⑤ふられた翌日、とり憑かれたように朝から晩まで電話をかけ続けた。「俺の何が気にいらないの?」
その年のライブは三回のみ。

恋愛至上主義か!

⑥生まれてはじめて行ったカラオケ屋で、おざけんの「ラブリー」を歌う。

わははは!聴いてみたい!

⑦結婚について。究極のペットを男女双方で飼いあうわけだ・・・。結婚すると、死に物狂いで車に乗る時間が増えそうだ。。。

結婚には向いてなさそう。

⑧俺は基本的には他人と、心からの自分でコミュニケーションを取りたいし、また努力もする。お互いに心の底からわかりあいたいと思っている。しかし、どんなに親しい友人同士、また恋人同士でさえも、実際にはわかりあえないことを、そして、孤独に生き、孤独に死んで行くということをも知っている。

激しく同意!だから、寂しいんだ!!

⑨面と向かって人と話をするのが本当は好き。

へー。苦手なんかなと思うときもあるが。よくしゃべるもんね。

⑩夏目漱石の「門」の中に描かれているが如き居住スタイルに憧れていた。

一回読んでみます。

⑪クリスマスなどの行事がきらい。
22,3歳の頃のクリスマス。彼女がフライドチキン(10個)を作ってくれたことに対して、「なんだよ、これ!10個もあるじゃん。こんなに食えるかよ!」と床の上にバラ撒き、自分の家に帰る。
別れの気配を感じていたので、彼女が素直に喜ぶ姿を見るに忍びなかった・・・。

うわー、彼女かわいそー。へそ曲がり!

⑫パリへの旅は、紙袋一つで行った。

えっ!!!?

⑬国木田独歩「武蔵野」

読んでみます!

⑭第一志望の高校受験で、緊張で熱くなり過ぎ、途中退場、そして棄権して帰る。今も、熱くなり過ぎる自分と戦っている。

なるほど。みやじの熱さは普通じゃない。

⑮デビュー前、そして、酔っていた時の話。ハウンドドッグ(ベテランバンド)にロゴ入りTシャツにサインを頼まれる。Tシャツのロゴを塗りつぶし、「バカ」と書いて、ライターで火をつけて焦がしてから、相手に渡す。
そして、ハウンドドッグが怒ったらしいが、何故怒っているのかわからなかった。。
なもんで親睦会は苦手。出ないようにしている。

わけがわからんわ!何がしたいねん?

⑯明治から昭和初期(第二次世界大戦前)までの小説が好き

そうですか。

⑰合コン行くより、出会い系サイト派かも。

なるほど。うなづける。てか、どうでもええな、コレ。

⑱「団地育ち」コンプレックス・・・「俺の故郷は東京である」と堂々と表明したいんだが、団地育ちだし・・・。

ん?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上、個人的に印象に残ったとこ。
もっといいことがたくさん書いてあります、きっと。
かなり、sign02なとこはある。でも、ファンです。まちがいなく。。。
みやじの嘘偽りのない真っ直ぐさが、たまらなく素敵だ!

| | コメント (4)

祝!PAO入会。そして、ミシン。

みなさま、暑いけれど、お元気でしょうか?
こちらは、毎日が平和なんだけど、なんとなく緩やかな退屈(確かみやじが言うてた)という感じ。
そんな感じで、日々は繰り返されてます。
そうするとついつい、日記=めんどい=ブログサボる、、というようになっておりますsmile

あたしの一日は、エレカシで始まり、エレカシで終わる。
他の音楽を聴けなくなってる・・・ヤバイ。
他の音楽では物足りなくなってる・・・ってことに気づいた。

というのはですね。
うちのカーステの順番が、エレカシのアルバム「昇れる太陽」→ハイロウズの「HOTEL TIKI-POTO」と流れるんですが、この順番がすごかった。

昇れる太陽昇れる太陽

アーティスト:エレファントカシマシ
販売元:ユニバーサル・シグマ
発売日:2009/04/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する


そして次に↓

HOTEL TIKI-POTOHOTEL TIKI-POTO

アーティスト:THE HIGH-LOWS
販売元:キティMME
発売日:2001/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何がすごいかというと、それは「脱力感」。
エレカシの「桜の花、舞い上がる道を」の後に、ハイロウズの「21世紀音頭」を聴いた時の脱力感はすごかった。
笑えるぐらいすごかった。意味もなく笑えます。とても楽しい気分に・・・。←エレカシ嫌いなんじゃ?
「21世紀音頭」も好きだけど、確実に「桜の花・・・」の後に、聴くと力が抜けて行くのがわかります。
エレカシの曲は、かなり力んで聴いてるということが、「21世紀・・・」のおかげでわかった。
今の自分は、あえて「楽しい笑い」より、「力み」を取りたい!!そんな気分です(謎)
って、「そんなん知らんがなー」ってなどうでもいい内容になってますよね・・・coldsweats01

どうにかしてほしい、このエレ中毒。
エレの海mistで、漂流している感アリ。
この泥臭い、男臭い、日本臭いfuji、このエレの海(キョーレツ)
ただ、身を任せ漂っていたいような、はやく陸へ上がりたいような・・・(笑)

そして、ついに、ついに!ファンクラブ=PAOというものに加入してしまった。人生初のファンクラブです!!やったー!
秋の日比谷野音に、なんとしてでも行くのだーーー!!おりゃーーー!!punch
と自分勝手に一人で気合を入れる毎日です。←気合でチケット取れるんかは謎ですが。
そして、一人熱くなっとるあたしのとなりで、ゲーナも「俺も行こうかなー」とポツリつぶやく。
「はぁぁ?」
なんか予想外なんですけど。
てか、マメ子はどうなる?

そうそう、エレ海mistにプカプカと漂いながらも、一応、ミシンの方も楽しくグガガガ…グガガガ…とやっております。

例のこの本、活用してますクライ・ムキの子供のパンツ&スカート―Everyday Bottoms (別冊家庭画報)

サブリナパンツdenimと、またまたヒッコリーdenim作りました。

Sabcamera茶ギンガムのサブリナdenim
Hikoricameraヒッコリーdenim。この前と同じ型紙で布地をブラックウォッチにかえてみた。

マメ子も喜んで着てくれてます(今のところは)
そして、マメ子は、学校で何言うてるんだか・・・。
この前は、教頭先生が、「お母さん、洋裁しはるんでしょ♪」と、いろんな生地をくれました・・・coldsweats01

ま、そんな感じで、今のところは(笑)ミシンも楽しくやっております。
そして、新たなクライムキ本も買いました!
いくつかやってみたいのがあって買ったけど、型紙の種類はそんなに多くないのかもしれない。
親子で似たような(全く同じではない)服が作れるようです。
あー、でも、なんか難しそうだけど・・・。
ついに、自分の服まで作る気になっております。勢いづいてるが、大丈夫なんだろうか?
家庭科「2」の自分が、どこまでできるのか、全く謎ですが、意欲だけはあるのは確かですsmile

クライ・ムキのママとおそろい服 (Heart Warming Life Series)クライ・ムキのママとおそろい服 (Heart Warming Life Series)

著者:クライ・ムキ
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (12)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »