« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の4件の記事

ついにミシンを買いました!

一年ほど前にミシンについて日記を書いていたようですが、それから、一年、ずぅぅぅーーーーっと放置。
でも、6月は、誕生日&ボーナス月なのです。
なもんで、なんとなく勢いづいた自分。でへへへ。
清水の舞台から飛び降りる感じで購入しましたわ。←いつものおおげさ。

迷っていたミシンたちは、以下の4種類。

①ジャノメ モナーゼ4000・・・かなりの機能を備え、しかも、安い!!3万ちょっと。
【送料無料・代引手数料無料 E-4000】ジャノメ電子ミシンE4000<ワイドテーブル・カラフル40色ミシン糸付き>プラス2,100円をお選び頂くとさらにフットコントローラー・針セット・テフロン押え・ボビン10個・サイドカッター付きに変更も出来ます!

②ジャノメ JP500・・・コンピューターミシン。ボタン一つで簡単操作。
【送料無料・代引手数料無料 JP-500】ジャノメコンピュータミシンJP500ワイ ドテーブル・手作りキット・カラフル40色ミシン糸付き! プラス3,200円でさらにフットコントローラー・ボビン10個付きにも変更出来ます!


③JUKI E60・・・コンピューターミシンだがそこそこ安い。機能はだいたい同じ。ミシンが少し軽いのが気になるところ。
【送料無料・代引手数料無料 E-60】【光る大きなボタン】JUKIコンピュータミシン E60 カラフル40色ミシン糸付き


④JUKI T-470・・・コンピュータミシン。そこそこ高い。予算オーバーなのさ。
【送料無料・代引手数料無料 T-470】【自動糸切り】JUKI コンピュータミシン HZL-T470今ならフットコントローラー付き!カラフル40色ミシン糸付き

とりあえず、ミシンに望んだこと。
・厚物を縫えるパワーがあること。
・ボタンホール。
・かがり縫い(ジグザグ)
・自動糸調子

最終、この4種で悩みたおし、結局「ミシン一番」ってとこに電話する。
JUKIは、工業用のミシンはいいけど、家庭用は、普通です・・・・。ってな、アドバイスをもらう。普通とか言われてもさー、煮え切らないよなー。
JUKI買うなら、工業用ミシン(直線のみ)とロックミシンの2種買うのが良い。とのこと。
んなもん、予算オーバーやし、誰がそんな本格的なもんを縫うのだ。
なんせあたしの中学んときの家庭科の成績は「2」だったと思う。「1」では、なかった。と思う。たぶん。。。
で、ジャノメのコンピューターミシン(JP500)がいい!パワーあるよ!と、ジャノメをすすめられる。
そして「パワーあるよ!」のその一言で、JP500に決めた。(そのアドバイスしか理解できなかったということもあり・・・)
なんしかパワーがほしいのです、ミシンはそれが大事なのよ。←あんま縫ったことないけど。

e4000(電子ミシン)もいいけど、JP500(コンピューター)は更によいってことを言われて、これ以上悩むのが、たまらなくめんどくさくなり、JP500で決めました。
「いっとけ!」ってな感じで、最終は決めるのが異常に早かった。やけくそ?
ミシンなんざ、結局のとこ買ってみなくちゃわかんないような気がするしなー。
だいたい、電子とコンピューターの違いはなんなのさ?説明も聞いたけど、あまり理解できなかった・・・wobbly


そして、マメ子の服を作ってみたくて、早速、図書館で本を借りてみた。
これは、なかなか良い本だと思う。

クライ・ムキの子供のパンツ&スカート―Everyday Bottoms (別冊家庭画報)クライ・ムキの子供のパンツ&スカート―Everyday Bottoms (別冊家庭画報)

著者:クライ・ムキ
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

早速グガガガ、グガガガ・・・。と縫ってみた。
自動糸調子合わせってのが、めんどくさがりな私には、なかなかええです。

JP500は、操作が簡単で、ボタンをピッピッと押せば、直線ですよー、とか、ジグザグでっせー、とか、幅は、何ミリでっせー、とか、わかりやすいのが、機械音痴な年寄りにはありがたい。


↓ヒッコリーパンツってのを作ってみた。
Image345

家庭科「2」の自分にしては、なかなかの出来だと思う(自画自賛)
JP500のおかげかもしれぬ。
ミシン時のBGMは、エレカシの「俺の道」ってアルバムが最高です。←BGMというか、単に毎日聴いているだけ・・・coldsweats01
血流早くなる感じがミシンのグガガガ・・・と合うのだね~、なんかテンション上がるってか、勢いづいて、作業が進む進む。なんしかええです。(←ほんまかいな!?)
でも、ミシンをかけると、やたらに汗が噴出すのは何故だ?
更年期か?それとも、エレカシの「俺の道」のアルバムのせーなのか?
流れる汗+ミシン+BGMはアルバム「俺の道」という絵図らはかなり怖いにちがいない(すべてがミスマッチ)
裁縫をして流れる汗というのは、まさに謎だけれど、かなり熱く&真剣勝負でミシンと向き合っているのは確かなのです。
ゲーナが「ど、ど、どうしたんッ!!?」と、ビビっている様子。
たぶん、ミシンに向き合う私は、サムライのごとく殺気立っているんだろうな~。←あほくさ。
途中なんども、奇声というか、雄叫びもアリ。←何か失敗している。

ま、そんな感じで泥臭いミシンライフとなっております。
出来上がれば、マメ子が喜んで着てくれるのがうれしいね♪
早速学校に着て行って、ズボンを指差し「ママ!ママ!」とみんなに訴えてる様子(先生より聞いた)
なので、ちょっくらがんばってみようと思う。

| | コメント (14)

素敵女子を探している。

ずっと素敵女子を探している・・・。特に意味はないんだけど。なんとなく探している。
今自分の中での素敵男子は、ダントツでミヤジさまなのだけど、ダントツの素敵女子ってのがみつかっていない。
みなさんは、あこがれの素敵女子はいらっしゃるんだろうか?

この前の日曜日、いつものごとく6時半ぐらいに起きた(マメ子が起きるangry
そして、なにげにテレビをみていると、UAと内田也哉子と野村友里の女三人がトークしていた。
これがなんだかおもしろく、寝起きの不機嫌もふっとび引き込まれた。
本当の友達の数は少ないという話、子どもの教育、育つ環境にこだわるこだわらないの話、結婚について(やや子どのは修行みたいなこというてた)の話などなど。
とても話題が濃い&ナチュラルでした。
UAもそこそこ気になったけど、一番興味もったのは也哉子殿です!
ちなみにフードディレクター(?)の野村さま、この方はまったく気にならなかった。
一応野村さまは、eatripとかいう映画の監督したりと、かなりすごそうです。
也哉子殿は、本とか、絵本の翻訳、あとは音楽活動(?)などもやっとるらしい。
ちとチェックしてみようと思います。

てか、ややこ殿は男性からみてどうみえるのだろ?
ちなみにゲーナは、やや子殿には、まるで興味がない様子(だろうね)
決して美人ではないと思うんだけど・・・・。
でももっくんと結婚してるという実力派(笑)
内田裕也と樹木希林の子というだけでもかなりすごいものを感じるが、そのキョーレツな生い立ちとは裏腹に、本人は柔和なおっとりとした感じ。
一番印象的だったのは、彼女の存在感、、なんだ、あれは?

このトーク番組は「ボクらの時代」というらしい。
こんなおもろい番組あったのねぇ。
なんでこんな早朝に放送してるんだろ?
時間帯が悪いと思うなぁ。
ちょっくらボクらの時代を(wiki)で調べてみた。
そこに歴代のゲストがのっていた。
そしたらば、「宮本浩次×泉谷しげる×本上まなみ」って日(20081012)があったのだ!!
ミヤジよ、この番組に出てたんだね。。。
てか、よくよく考えれば、youtubeで、確かに見てた、見たことあるよ、この三人のトークを。。
この番組の動画やったんだ。。
つーことで、この番組はなんか好きかもしんない。
でも来週(6月14日 岸谷五朗×寺脇康文×三浦春馬 )は、見ないかも。←どっちやねん!

とりあえず参考までに、ミヤジ×泉谷×本上 を貼っとくね。
1から4まであるけど、とりあえず1だけ貼っときます。
ややこ×UA×野村は、探したけどみつけられなかった。(もう一回じっくりみたいのに残念)

ミヤジ先生×泉谷×本上のトーク内容もかなり興味深いなと思う。
三人がみんな好き同士、相思相愛な感じがええです。
でもミヤジはやっぱ不器用な感じで、あふれかえる胸の内をイマイチ話せてなさそう。。wobbly
あ~~なんで歌はうまいのになぁぁぁ。くー、みやじぃぃbearing
そのかわりというか・・・・、泉谷がきちんとお話してくれてます。通訳?(笑)

本上のミヤジに対する微笑に、大きな愛を感じる・・・。
本上も案外素敵女子かも。
泉谷さん、「おまえらの退職金よこせ!ライブ」って・・・(笑)

| | コメント (6)

エレファントカシマシ Zepp大阪(20090603) 汗と涙の初参戦!

Zepp大阪行ってきました。
今ではもうなつかし(?)の豚インフルのせーで危ぶまれたエレカシのZepp大阪ライブでしたが、無事に参戦してきましたーー!!

もう本当に何から書いていいのやらって感じです。
ライブがこんなに良いものだとは、衝撃です。
何が衝撃かって。。
今自分は熱く生きてる!!と感じられたことがビビった。
自分の心の奥底は、こんなにも熱い情熱が煮えたぎっているんだ!!という衝撃。
こんな生命力っぽい熱いもんが自分にあると思ってなかった。
ほんと「ハロー人生」で、魂に火がついたのか?
魂が毎日ダラダラせずに火をつけてくれ!!と叫んでいるのか?そこいらは謎ですが。なんしかビックリした。
この熱さはきっと誰もが持っているんだろうと思った。
ミヤジのことをめちゃ熱い男やな!と思っていたが、ミヤジだけでなく誰もが皆平等に持ってるんだろうなーって思った。気づいてないだけっぽい。
普段の生活では、自分の中にこんな熱さがあるとは、当の本人も思ってなかったのであるからして。。
ライブの感想が結局自分の内面のことかよ!って感じですかね?スイマセン。
なんしかエレカシのライブは衝撃だったのです。

正直、開演と同時に頭真っ白になってます。ゴメンね。あんま覚えてない。
絶対に、目に、脳裏に、身体全身にエレカシを焼き付けて帰るのだ!と行く前から意気込んでいたにも関わらず、熱くなりすぎ焦げついちゃった自分自身に腹が立つ!!
脳がきちんと働いてない、たぶん。
ミヤジを目の前にして(Zeppは想像してたよりそこそこ狭く、距離も近いわけで)舞い上がってしまう、小市民ですわ。なさけなや~~。

ほんとうにミヤジの生歌声には、心の奥底を揺さぶられた。動悸して死ぬかなと(いつもの大げさ)
自分がしっかりしてないから揺れるのか?そこんとこはわかんないけど。
ミヤジもそれぐらい本気で一曲一曲やってるんだろう。
こっちにのっかってくる、ミヤジの勢いが。気迫というか。それが尋常でない。
力を抜くとかそんなことはありえない。
ミヤジに負けるな自分とがんばってしまう(謎)
ミヤジが「私の10のルール」で言っていた「みんなに届け!!!という思いで歌っている」と。
その熱い想いが、ガンガンと感じられた。
途中から、自分でも、訳がわからん、意味不明の涙が出てきて、「ミヤジ、ありがとう!」という思いでいっぱいになった。←なんか怖いよねー!でも真実。
この思いをなんとかステージ側へ伝えたいと思って、精一杯がんばってこぶしを振った。
きっとファンのみんなの「ありがとう!エレカシ!」という思いが伝わって、あんなに最高のライブになったんだと思う。一体感というか。温かいというか、いや、熱い!!!
さすが大阪!浪速魂万歳!!!


アンコール1度目の「今宵の月のように」でも、何故か泣けた。←実際はこれ以前のライブ中盤からずっと泣いている。
この歌はそんな好きでもないんだけど、この曲でエレカシを知った(1997年の曲?)わけだし、時間の経過を感じいろいろ思った。

そして、「ハロー人生」でぶっ飛びました。確実に。
この歌は聴けるとは思ってなかったから、もう、うれし過ぎて。
飛び跳ねる、こぶし振る、涙流す、汗は飛ばす、叫ぶ、歌う、すべてが、えげつない・・・・周りは確実に見えていない(恥)
最後尾からの叫びは悲しいもんがあったが・・・我慢できず・・・すいません。
周りの皆様ご迷惑をおかけしました。
後ろの方の鬱陶しいヤツはたぶんあたしです。

アンコール2回もあったのが、うれしかったなぁ~♪(涙)
アンコール2回目の3曲目が終わったぐらいで、もう、この曲でいよいよこのライブも終了かな?って半泣きなってたら、ミヤジがステージのソデの方に歩いて行って、なんか言うてた。
自分勝手な想像でしかないが、「まだやっていい?」とか「まだ大丈夫?」とか、スタッフへの確認だろうか?
そしてまたステージに戻ってきて、「待つ男」を歌ってくれました。
それでライブはおしまいです。
ほんとうに充実の2時間半でした。
みやじ、ありがとう!!
エレカシありがとう!!
ファンのみんなありがとう!!
涙がとまらん。。うぅぅ。

↓セットリストです。(EKDBさま、ありがとうございます)

1 こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい
2 悲しみの果て
3 新しい季節へキミと
4 今はここが真ん中さ!
5 おかみさん
6 BLUE DAYS
7 まぬけなJohnny
8 さよならパーティー
9 絆
10 ネヴァーエンディングストーリー
11 桜の花、舞い上がる道を
12 あの風のように
13 通りを越え行く
14 ハナウタ~遠い昔からの物語~
15 ジョニーの彷徨
16 暑中見舞-憂鬱な午後-
17 リッスントゥザミュージック
18 to you
19 笑顔の未来へ
20 Sky is blue
21 今宵の月のように(アンコール1)
22 風に吹かれて(アンコール1)
23 It’s my life(アンコール1)
24 ハロー人生!!(アンコール1)
25 俺たちの明日(アンコール1)
26 so many people(アンコール2)
27 FLYER(アンコール2)
28 ファイティングマン(アンコール2)
29 待つ男(アンコール2)

以上、全部で29曲。その内、アンコールが9曲。
ほんと今またブログ書きつつ半泣きです。熱いな~ミヤジ。
ブッ倒れるまで歌ってくれるんじゃなかろうか?
でも、それはやめてほしい。死なれたら困る!!
ミヤジの身体は大丈夫なのか?もう40超えてるのに、すごいな。
ちなみに、あたしなんか全身の筋肉痛もすごいし、かなりの燃え尽き症候群で、ぐったりしてるよ。←魂に火がついたとか言うてたんじゃ?嘘つき?
でも、這いつくばって、ただならぬ気配漂わせ&ギラギラと睥睨(へいげい?)して前に進みます!(笑)

| | コメント (10)

全天周映画「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH」

またまた、行ってきたよ。大阪市立科学館
もう、めっさ常連にて、受付のおねーさんに、「なんやこやつら相当オタクやね。。」などと噂されてそうな、そんなチェブ一家ですdespair

3月で「銀河鉄道の夜」も終わってしまい、4月からは「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH」ってのが上映されております。→こちら公式サイトです!
なもんで、早速鼻息荒く、行ってきた次第なのでありやんすrun

ところで、みなさんは、はやぶさのこと知ってますか?(あたしは全く知らず、なんやねん、はやぶさってchickとり?って感じでした。)
はやぶさとは、2003年に、日本が打ち上げた小惑星探査機のことです。
はやぶさには偉大なるミッションがあります。
それは、小惑星イトカワに向かい、着陸し、イトカワの石ころ採取し、石ころを地球に持ち帰るというもの。
そのミッションをドキュメンタリーちっくに追っているという感じの映画なのです。
はやぶさ君とともに宇宙への冒険旅行に出発です!

思い切り、探査機のはやぶさのことを擬人化しております、この映画。
「きみ」とか言うてるんですよ。やだわ~~wobbly
最初は、なにがはやぶさ君やねん。明らかに機械やん、あほらし~~~!
まったく感情移入もできないし、ついてけない。。と思ってたんです。。最初はね。。
でもだんだんとはやぶさ君擬人化ワールドに入って行く自分(笑)
大宇宙、その想像も絶する孤独の中、偉大なるミッションの為に、がんばるはやぶさ君。
イトカワへの着陸に失敗し、かなりのダメージを受ける。
しばらくの間、地球と通信不能で、どこに行ったかもわからず大宇宙の漂流物typhoonとなり漂う。
でも、奇跡的に復活shineし、再度イトカワに着陸したりと、モーレツにがんばるはやぶさ君なんですよ。
今まで、全くそのがんばりというか、はやぶさ君のことを知らない自分を恥じました。
はやぶさ君、遠くはなれた宇宙にて、きみはそんなにがんばっていたんだね。こちら地球では、のほほんと暮していてごめんよ、はやぶさ君。←すっかりはやぶさを人と思っている、単純バカですhappy02
ほんでもって、最後には、クー!と目頭を熱くし、必死で涙を流さじとがんばる自分になっとるんですわ。
「はやぶさ君」についての感想を、ゲーナに熱く語ろう!と思えども、お互い、涙目なので、多くを語れないという状況に。。。
もう、目頭を押さえまくり(笑)、機械(はやぶさ)なんぞに泣かされてたまるか!ってなもんです。←負けず嫌いか?
ちなみにマメ子は始まってすぐ爆睡です。これは子供には難しいのかも?
マメ子は、はやぶさ君の感想談義にはまるで入ってこれず、はみごですわ(笑)
しっかし、この感動はいったいなんだろね?はやぶさ君おそるべし。
あと、こんなすごい仕事をしてる人間達(機械でなく本当の)にも感動しました。

そうそう、はやぶさ君、任務を遂行し、今、地球に向かってるらしいです。
2010年6月ごろに地球に帰ってくるみたいです。
でも、実際のところ、はやぶさ君は大気圏に突入する時に、燃え尽きるっぽいんですよ。映画では、なんとなく炎となってたもん・・・crying
イトカワの石ころだけは、強靭なカプセルに入ってるので、大気圏突入しても、燃えずに地球に帰ってくるようですね。。
結局、石ころだけかい!
なんかね、なんかね・・・寂しいです、あたしは。

↓に2種類のはやぶさ君貼っておく。
movieこんな映画→HAYABUSA -BACK TO THE EARTH
movieはやぶさのアニメ。まさにこんな感じで切ないのよ→はやぶさ、今度いつ帰る

| | コメント (10)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »