« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の6件の記事

インスタントラーメン発明記念館

池田市にあるインスタントラーメン発明記念館に行ってきたよ。
ここでは、発明、発見の大切さを教えてくれるようです。
インスタントラーメンがどのようにしてできたかとか、展示、説明してくれてます。

Momofukucameraインスタントラーメン発明の安藤百福と記念館

Tonnerucamera歴代のカップラーメン達

さて、ここへやって来た、我が家の目的は、世界に一つしかない、オリジナルカップヌードルをげっとすることです。
マイカップヌードルファクトリーってとこで、作れます。
予約はいらないが、30分ほど並びました。(結構、人気あるみたい)
流れは、こんな↓感じよ。

①300円でカップを購入
②自分でカップに絵を描く

③麺をいれる
④好みのスープを選ぶ
⑤好みの具を入れる

⑥フタ&フィルム加工する
⑦エアパックして肩からぶら下げ持ち帰る。


Oekakicameraカップに絵を描く
マメ子とゲーナは絵を描くのが異常に早く(まったく躊躇せず、ガンガン描く)、一方、あたしは、「ちょっと待ってよ~~なんでそんな早いの~~も~~sweat01」と焦りながら描きましたgawk
何気に絵を描くのが苦手な場合、何描こう??と悩むかも。。
周りの人の絵とかをちらりと見たりしても笑えます←失礼?
ちなみに、となりの人の絵は、太陽の塔の横に連続した鳥居(伏見稲荷のような)の絵でした。。発想がなんかすごい!
ゲーナの全く躊躇のない描きっぷり(迷いがない)というのも笑えた。

Guzaicamera具を選ぶ
こんな風になっていて、具を選ぶと、スタッフの人が入れてくれます。
具材は4種類ですが、HPで携帯サイトの会員登録すると、具材を1種類プレゼントとか書いてますよね。。今知ったがな。。

Dekiagaricameraエア加工して出来上がり♪
みんなうれしげに肩からポシェット風にぶら下げてます(笑)
ほんと子供だけでなく大人も楽しめます。

マメ子とゲーナ、帰宅するやいなやすぐ、「食べたい」と。
我慢できずに、すぐ食べてました(二人の激しさにややびびるチェブです)
ちなみにあたしは、すぐに食べるのはもったいないので、飾ってます(?)
賞味期限が一ヶ月なので、それまでがんばります(笑)

で、味の方なんですが・・・。
ゲーナは、ごく普通のノーマルカップヌードルです。しょうゆ味で具も定番の卵、肉とか。まぁ、普通にうまいです。
マメ子は、ベースのスープを塩にして、具材にチーズを選んでて、内心、「マメ子のチョイスはキモイにちがいない」と思ってたんです←オイ!
でも、意外にもおいしかったですhappy01

発明記念館へ行く時に通った、オーガニックカフェ「はねっとの森」ってとこも行ってみたいです。

| | コメント (16)

グアム3日目・・・②

ではグアム島南部観光へ出発ですrvcar
運転するのは当然(?)ゲーナですsmile
車内は「ほんで昼ごはんどうするー?」ってな話題です。なんで?
「でも、ここ(タモン)で昼食べてたら、1時になってまうんちゃう?」
「少しでも前に進んどきたいところやでな」
「もう少し、進んでから、ごはんにしよか」
「せやねgood
ってことで、家族三人腹をすかせながらも、南下することに。
レンタカーは、当然カーナビついてないですdown
地○の○き方に載ってる地図でなんとかがんばります(笑)

すぐにラッテストーン公園あたりに到着。
前日に行ったチャモロビレッジのほど近くですわ。
駐車場を探すのに、ちと迷い、アプガン砦(山の上、ちなみにラッテストーンは山の下)まで行ってしまってた。
parkingは、ラッテストーン公園の目の前、スペイン公園に隣接してます。
すごくわかりやすい駐車場です。何故迷ったのかが不思議なくらい。
この迷いでゲーナが微妙に機嫌悪いです。無表情というか・・・(なんせ腹がすいてます)

ラッテストーンってなんじゃい?ですかね?
とりあえず、例の黄色本に載っているのは・・・。
遺跡(西暦800年ごろ出現)なんですけど、お墓説、祭祀場説、家の土台説といろいろあるみたいなんですが、今ンとこ、家の土台が定説となってるようです。
ここの公園のラッテストーンはジャングル奥地(フィナ湖)で見つかったのを移設した物で、発見された時の位置関係を再現しているそうです。

Pc250099 Pc250108cameraラッテストーン達

ラッテストーンの頭(?)の上には、草がもじゃもじゃと生えていて、妙にかわいいです。
ラッテストーンは案外好きです。古さが歴史を感じます。
この頭の上に、家がのっかってたんやねぇ。と想像してみる。高床式住居。
グアムに来たら行ってみてもいいのでは?と思う所です。

でも、ラッテストーン公園、はっきし言って、不気味です。
シーンとしてます、全く誰も観光してません。
ちょうどあたしらが行った時は、ラッキーなことに(?)警察官が二人いてたので、なんとなく安心だったけど。(でも、なんでおったんやろ?よけい怖い?)
マメ子がこの公園で「トイレtoilet~~!」と。
「え~~マジで?」
でもしゃーないので、その警官に「トイレどこですか?」って聞いて、行きましたよtoiletへ。
これまたさらに不気味で、全然汚くはないけれど、二つある個室のうちの一つの扉は何故かなくなってます。
当然扉つきの方へ入ったんですけど、扉ついててもなんか不気味で、いっそうのこと扉ない方がなんとなく安心なのでは?と思ってしまったほどです(謎)
用を済ますと即座に飛び出したことは言うまでもありません。

するとゲーナも「トイレ行ってこよー」と。。。
戻ったゲーナに、「なんかtoilet不気味やったやろ?」と聞くと。
「え?なに?」との返事。
さすがです!シーンとしたラッテ公園。謎の警官二人。扉のないトイレ。など全くおかまいなしのゲーナです。

ラッテ公園、治安が悪いとかではなく(←たぶんですけど)なんか不気味です。
それはチヨさんから聞いていた、ラッテストーンのすぐ横にある「防空壕」のせーかもしれません。
防空壕は、一応中にも入れるようですが、あたしはちょっと入れなかったですwobbly
写真撮ったので、アップしようかと思いましたが、やめときます。なんとなく・・・。

ラッテストーン公園の向かいにあるスペイン広場も行ってみました。
Pc250110cameraチョコレートハウス Pc250111cameraスペイン総督邸跡

当然、こちらのスペイン広場もまったく誰もいません。こっちはおまわりさんもいない・・・。
となりのハガニア大聖堂には、クリスマスなので、人がもりだくさん来てる様子なんですが・・・。
こちらスペイン側は、「ツワモノどもが夢の跡」状態です。しーーーーーん。ひたすらに、しーーーーん。ですわ。
写真撮るやいなやすぐ、走って車まで戻りました(一人怖がるチェブ)
ちなみに、ここの感想ですが、ゲーナは「つまらん」と。
マメ子は「暑い」と、かなり不機嫌なってますhappy02

「ほな、そろそろなんか食べよかー」と、そそくさとハガニアを後にしました。

| | コメント (8)

グアム3日目・・・①

えー、やっとグアム3日目です。12月25日xmas
(はっきし言うて、もうほとんど忘れかけてる!!?必死で思い出してますsweat01
この日は、レンタカーで、グアム島南部観光です。

レンタカーについて少し書いておきます。
チヨnaviさんの方でも、書かれてた、ニッポンレンタカーのらんらんキャンペーンというのにしました。
やはりチヨさんから話も聞いているし、安心ですhappy01

で、らんらんキャンペーン(=74$プラス追加ドライバー登録料5$)とは・・・以下のとおり(ニッポンレンタカーからのメールのコピーですわ)
*********************************************
*この「らんらんキャンペーン」料金には基本料金「対人・対物(補償限度額$500、000)」の他、
「車輌保険、車輌免責補償、休車営業補償、搭乗者保険補償」(1日合計$35相当)
更に「バーガーキングワッパーJR.の無料クーポン券」プレゼントが含まれております。
尚、追加対人・対物補償保険($7/日)をお選びいただきますと、対人・対物補償限度額が倍の$1,000,000になりますのでご加入をご希望される場合にはご契約時に係員にお申し付け下さい。

*お支払いは現金・トラベラーズチェック・各社クレジットカードがご利用いただけます。
ただし、レンタカー代金プラス$100の保証金をご契約時にお預かりさせていただいておりますので
どうぞご了承いただきたくお願い申し上げます。

*********************************************

バーガーキングのクーポン券以外にもfree携帯電話無料レンタルがついてるはず。
うちは携帯借りたけど、無料でした。通話料金だけかかると思います。
ちなみに、バーガーキングのハンバーガーがグアムで一番うまかった食い物です。
これはうそみたいなほんまの話です(笑)
マクドより、ハードロックカフェよりもうまかったです。
大きさも日本のバーガと同じくらいで適量なんです!

さてさて、この日は、11時に、ヒルトンホテルのツアーデスクで、ニッポンレンタカーの担当者と待ち合わせです。
11時までは、いつものごとくマメ子と朝からプール&海にてシュノーケルpiscesです。ちょーハードですわwobbly

実は、海外でのレンタカーが初めてで、かなり緊張気味です。
11時の少し前ぐらいから、ゲーナとあたしは、緊張の為無口です。
そんな変な雰囲気の中、ニッポンレンタカーのお迎えさんが登場。
このお迎えさんは物静かで、つうか無愛想か?、車の中は、終始シーンとした状態で、ニッポンレンタカーの営業所に到着。
このお迎え担当者さんはここでお別れです。

営業所の中に入ると、女性のスタッフvirgoばかりでとてもなごやかムードnotes
この柔和な雰囲気に、緊張もやわらぎましたhappy01
「海外での運転は初めてですsweat01」と鼻息も荒々しく告げると、
にっこり笑顔で「大丈夫ですよーちゃんと今から説明させてもらいますからねー」と、スタッフの方が言ってくれて、妙にホッとしました。
説明もきっちり丁寧しかも笑顔付き。どこどこの交差点はこうだとか、とても親切に説明してくれました。
あと初めての人用にビデオまで見せてくれましたヨ。
次もレンタカーするなら、絶対にニッポンレンタカーにしますgood
 
ちなみにニッポンレンタカーに支払った総額はジャスト100$でした。
ガソリンは自分で入れずに、事務所でガソリン代を精算してもらいました。
*********************************************
内訳:
 ・らんらんキャンペーン1日24時間 74$
 ・追加ドライバー代 5$
 ・ガソリン代 21$←高いのかどうなのかは謎です。
※あと保証金100$は契約時に支払うも、何事もなければまた戻ります。

*********************************************

そうこう、うだうだしてると、もう12時です。
「え!?もうお昼?今から南部一周できるのか!?」と一抹の不安を覚えるも、口には出さず、そっと胸の奥にしまいこんだ自分です。・・・なんとなくね。
そして、となりでは、ゲーナ&マメ子が「腹減ったー!wobbly」「お昼は何食べよかなぁnote」とほざいております。。←こいつらはいつもお気楽モードでうらやましーねthink

いよいよ、レンタンカーの準備ができたようです。
車の周りをぐるりと傷がないことをチェックします(ゲーナが)
さぁ、車に乗り込み出発ですrvcardash
どうなることやら・・・くわばらくわばら。

| | コメント (4)

ゲバラ&オバマのTシャツチョコ

もうすぐLove&Sweetなhappyバレンタインですねーheart04

正直、そんなことはまったくどうでもいいチェブです。ちょー冷め冷めですわgawk

「逆チョコですと?」

まだチョコレート業界は、金儲けしたいんかい!?

と、恋する乙女とは無縁な感じ。

ゲリラのゲバラにはかなり熱いくせに、この乙女virgoのイベントに対しては、かなりcool!

そんな自分にちと疑問も感じております。今日この頃。

が、しかーし!

そんな冷め冷めじじぃなあたしも、かなり熱くなってしまうチョコを発見しちゃいましたーup

Tshirtchocolate

オバマとゲバラのTシャツチョコです!1575円。

めっちゃ欲しいですheart04

オバマもゲバラも、両方ほしい!

どっちか一つにしろ!と言われりゃ当然ゲバラですが・・・(そんなことはどうでもいい?)

「うゎ~~コレおもろい~~、ほし~~」と一人で熱くなっとるあたし。

そんなあたしに、横から「イランで!」と衝撃の一言heart03

とてもcoolな対応のゲーナです・・・あはははhappy02

ちなみにこれ、松屋 銀座本店で300個限定販売らしいです。

大阪では手に入らないようです・・・しょんぼりdown

| | コメント (10)

映画 「チェ 39歳 別れの手紙」

「チェ39歳別れの手紙」(←詳しくはHPで)観てきました。(withチヨさん)

では、思ったことをだらだらと語らせてもらいます。
きっとこの映画を観てない人はまったくわからんくておもんないと思うのでスルーしてね。スイマセン!

ストーリというか、話の展開は、ゲバラ日記そのものでした(まさにあたしが途中で断念した本)
映画、「チェ28歳の革命」でのキューバ革命での成功とは、まるっきり正反対。
こちらの「チェ39歳・・・」の方は、ボリビアでの革命の失敗が淡々と描かれとります。
淡々にちがいはないが、かなり辛く重いです。涙を流さずにはいられない内容です。

前半は特に話の展開というものもなく、ダルイです。
ただただ、辛い感じのゲリラライフが淡々と過ぎていきます。ドキュメンタリーのようなんです。
なもんで、デルトロさんが、まさにゲバラのごとく見えてきます。
作りものな感じがあまりしないので、このボリビアでのゲリラ戦のだるくて、常におなかがすいてて、悲惨な感じがリアリティもって訴えかけてきます。

ボリビアで新たな革命を目指し、がんばるゲバラなんですが、ボリビア政府軍とガンガンやり合うという、勢いのある戦闘シーンもなく、常に逃げ気味?山の中をうろうろと歩いています。
なんとなくうまくいきそうにない、追い詰められ感がありありでしんどいです。
最初から、何一つうまくいかないんです。
①ボリビア共産党のモンへと協力するはずが、うまくいかず。
②キューバ革命の時みたいに、農民たちが協力してくれず、反対に密告したり、ようするに、敵となり、うまくいかず。
③ゲリラ仲間の団結もイマイチで、脱走兵が出て、捕まったあげくに、ゲリラのことをしゃべったりして、うまくいかず。
④その他いろいろ、無線機が壊れたり・・・。スパイ(?)であるターニャの正体がばれたり、ドブレやブストスが役立たずだったり
なもんで、ゲリラの人数も増えることもなく常に少人数で弱弱しくて、なんか希望も持てない。
ゲリラは常に飢えてます。誰からの支援、応援もないんでしょう。お先真っ暗です。
悲しい感じ。かなり悲壮感。孤立無援。
でも、悲惨であればあるほど、なんでここまでして、ゲバラはがんばるんだろう?と、胸が熱くなります。
よくぞここまで、人々のためにがんばることができるなーと。
ゲバラの正義感の放つパワー、どんな困難な状況としても、ぶれることのない信念・・・うまく言葉がみつからないが、なんしかゲバラは輝いてみえます。(見た目はぼろぞうきん風なのに)なんしか泣かずにはおれません。
まさに、正義の味方、ヒーローであるゲバラです。
「ゲリラ戦で人殺しやん」と思われるかもしれませんが、無駄に人を殺したりとかはありません。映画観てる限りですけどね。
部下に、「相手が撃ってくるまで、撃つな」とか指示してたし、村の人にはいつも優しく親切(診察したり、物を買う時は良い値段買ったり)で、「村で戦うのか?」と問われたら、「村では戦わない」とキッパリ言ってました。
「何故自分達は闘うのか?」ということもキチンと人々に対して説明をしてはりました。
とても紳士的なんです。とてもゲリラとは思えない。
でも、人々はゲバラ達についてきてはくれません。えーんcrying
何故?
ゲバラ達が、正しいこと、正義であること、そんなことは百も承知なんだろうけど、背景にあるボリビア政府、そのもう一つ後ろにある大国アメリカ、その圧力が怖過ぎて、自由な思想など持てない環境なんだろう。
自由こそ悪そのもので、死にいたることもあるんですから。
なんしか国家には絶対服従せんかい!おらおらって感じですよ。(ほんまむかつきます)
ゲバラは人々の真の自由、国家からの開放を求めて闘ったんです。
まっとうなふりして、裏では不正だらけの国家と闘うゲバラ氏です。
自分の裕福な暮らし、キューバでのトップクラスの座も捨てて、そのことだけに命を懸けたんですよね。
あいにくゲバラは人間なので、アニメの正義のヒーローのごとくうまく行くわけもなく、いとも簡単に殺されてしまうことになるんですが・・・どんな想いで最期を迎えたのかと考えると泣けてきます。
志半ばで、暗殺されてしまいますが、ゲバラの生き様は、今でも、こんなに熱く、人々に訴えてきます。
心動かされずにはいられません!!

あたしはゲバラが好きだけど、ゲバラみたいになれそうもないです、正直。
きっとボリビアの農民たちみたいに、自分の保身を優先し、ゲバラのことを密告するであろう小市民です。
でもそうならざるをえない世の中。そこに問題があるんだろうと思いますが(自分の器の小ささを言い訳してる?)
ゲバラのようにはなれないけど、自分のことばかり考えてしまう、利己主義的な部分を見つめ直してみようと思います。
ちっこい自分でも何か人々のためにできることがあるかもしれないし(?)←今のとこ全く思いつかねーが。

この映画の最後の方のシーン。
ゲバラが殺される前に、ボリビア政府軍の見張りの兵士とゲバラが、少し会話してます。
「神は信じないのか?」とボリビア兵士に聞かれ、ゲバラは「人間を信じる」って答えてるのが印象に残っています。
そして、その見張りの兵士は、ゲバラに「縄をほどいてくれないか」と頼まれます。
兵士は、うろたえてしまって、別の兵士に「見張りを代わってくれ」と頼みます。
縄をほどいてしまいそうな自分が怖かったんだと思います。
それほど、ゲバラには魅力があったんだろう。たとえ見た目はぼろぞうきん風でも。。

全くの少数派のゲバラ隊。
ゲバラがいくら正しいことを言うてても、大きな国家勢力によって、いとも簡単に殺されてしまった。
この世の中、何が正しくて何が正しくないのか?きちんと自分で考えないとイカン!と思った。

とりあえず、今日はここまで。
ちょっと気になるサイト、貼っておきます。ゲバラ最後のたたかい

| | コメント (2)

プラネタリウム(全天周CGムービー)「銀河鉄道の夜」

大阪市立科学館で、プラネタリウムを見てきました。
プラネタリウムというのか、ドーム型に映し出される「銀河鉄道の夜」です。
宮澤賢治さん原作、CGはKAGAYAさんです。

これは凄かったです!!
今のプラネタリウムってこんなにこんなことになってるんだね。。驚きです。
始まった瞬間から、引き込まれる、美しさ。ドーム型ならではの迫力。
なんかようわからんが、美しさに胸が熱くなる自分です。
KAGAYAさんの描く銀河の世界、メチャ綺麗です。
その銀河世界は、なんとなく藤城清治さんの影絵のことを思い出した。光と影というか。
45分でかなり癒されるというか、きっと脳波はα派かβ派か、何か出てると思います。
45分間ずっと銀河鉄道の不思議な旅を満喫できます。
マメ子もずっと集中してましたよ!!←これはかなりおもろいってこと。
マメ子は来週も見に行く!!と鼻息が荒いし・・・。

大阪市立科学館では、3月末まではやってると思うので、まだの方は是非一度見てください。
大阪以外でもやってるようです!→http://www.gingatetudounoyoru.com/allsky/place.html

「銀河鉄道の夜」の物語は読んだことないんですが、全然楽しめました。
でも、見終った今、なんとなく奥の深そうな「銀河鉄道の夜」と、宮澤賢治さん自身が気になってしかたないです。
といのは・・・カンパネルラとジョバンニの会話・・・・。
「ほんとうのさいわいのためなら、ひゃっぺんこのみがやかれようともかまわない」
「ぼくだって!」
たぶんこんなセリフだったと思うんだけど、ここで、ゲバラを思いだした。←またまたゲバラ(笑)

とりあえず、YOUTUBEで予告編あったので、貼ります。
でも実際はドームなので、迫力が全く違います。

YOUTUBEで、藤城清治さんの「銀河鉄道の夜」も発見です!!
しかも、藤城さんは1956年からずっと影絵劇?なるものをやってきてはるみたいです。
こっちのが歴史ありますね。
こっちも素敵そうだわ。生で影絵を見たい!

すいません。。忘れてました。
大阪市立科学館の、プラネタリウムでなく、展示場の方なんですが、こっちはもうたぶん行かないと思われます。。
宇宙のことについて説明してくれたり、してるんですが、チェブ一家三人とも、意味がわからんかったです。(あほです)
ビッグバンやら、暗黒星雲の中に星の卵とか、まったく理解不能な世界。
でも、思ったことは一つあります。
宇宙人はどっかにいるなと。宇宙は果てしなく広いんだもの。どっかに生き物おるやろなーと。
そこはゲーナも「うんうん」と納得してました。

| | コメント (10)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »