« 映画「チェ・ゲバラ 人々のために」 | トップページ | プラネタリウム(全天周CGムービー)「銀河鉄道の夜」 »

映画「チェ・ゲバラ☆伝説になった英雄」

伝説になった英雄 [DVD]伝説になった英雄 [DVD]

販売元:エプコット
発売日:2003/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1997年 フランス/96分 監督:モーリス・ダゴソン

ドキュメンタリーでゲバラの歩んだ一生を紹介してくれます。
ゲバラの周辺の人達、カストロまでもゲバラについて話してくれてます。
何も知らなくてもこれでゲバラのことをかなり知ることができます。
でも内容はかなりヘビーですが・・・。

これは。。
この映画は。。この前見た、「人々のために」とえらく見終わった後の気持ちが違うわ。。
この映画、泣きそうです。泣くというよりももっと嫌な感じでもやもやというか。。
「人々のために」でゲバラに完璧に惚れたあたし・・・今回の「伝説になった英雄」でかなり悲しく切ないブルーな気持ちになってしまった。
このなんとも見た後の気分が違うのは、アルゼンチンとフランスの差かね。これは。
アルゼンチンはラテン系というか、明るい感じやったんやけど、こっちフランスのんはゲバラの人生丸ごと描いてて、特にボリビア~最後までの内容が濃いくて、これでもかとガンガンきますshock
なんか頭痛くなってるし。。今。辛い。惚れたから余計辛いんだろうね←かなり妄想です。放置してね。

キューバ革命の後からが、長く、そして、内容が濃い(どうやって捕らえられ、殺されたかとか)ので、ゲバラ好きとしては、かなり悲しい気持ちに。。。
あんなに輝いていた人が、政界を追われ(自ら出て行き?)行き場がなくなり、たまらない孤独感に襲われ、最後は悲壮感に溢れてきます。
理想だけが支えでゲバラは生きてる。ゲバラにはそれしかないんですから。。
なのに、ゲバラの描く美しき理想が、こっぱみじんに玉砕されるというか。
彼の純粋な信念が、こんな最後をむかえるなんて。。
最後なんかゲバラの隊は20人でボリビア政府軍は2000人で追跡とか言うてたよ。
そんなん弱いもんいじめちゃう?
なんでそこまでゲバラを追い詰めるんだ?世界は?てかアメリカは?なのかな。
それぐらいの脅威なんだろうね、ゲバラが。
ゲバラは死んでしまったけど、今もなお勢いあるもんね。影響力すごいわ。
ついに南米からうちん家までやってきたし(笑)
生きてる時よりもパワー増大したんちゃうかな?

でも、捕らえられて、殺される最後まで、勇敢やなって思います。
CIAの捜査官フェリックス・ラモスに「売国奴に話はない!」と顔にツバを吐いたらしい。
てかこのフェリックス・ラモスはボリビア人なんでしょうか?そこんとこはよくわからんが売国奴であることはまちがいないのでしょう。

ゲバラの遺体がボリビアのバリエグランデの洗濯小屋で、みんなの見世物みたいになってるシーン。
きっちり映像が出てきます。
かなり辛いです。
日本人にはこれはあんまり考えられません。
ラテンアメリカの文化的にはどうなんでしょうか?OKなの?

しっかし、ゲバラの最後は、いろいろと考えてしまうのです。
現実はそんな甘くないわよ。なんやいうても汚い奴らがのさばる世の中なのか。。
美しき理想なんてばかばかしい夢物語でありえないのか。。
とかいろいろな思いがグルグルと回り、すんげーやな気分になります。
きっとゲバラがいたら、こんな優柔で迷いの多いあたしに、ガツン!と喝をいれてくれるでしょう。
「逆境を克服すれば、不可能も可能になる。きっとできる!」とか言ってくれそうです。←妄想です。

あんなに勢いのあったゲバラが、こんなぼろぞうきんみたいに洗濯小屋でゴロンと置かれ、みんなに見物されるなんて。
ずっと人々のためにと、戦ってきたのに。
自分の祖国アルゼンチンちゃうで、キューバやで。コンゴやで。ボリビアやで。全部ひとさまの国やんか。
でも、ぼろぞうきんみたいにされても、ゲバラの目は綺麗だった。本当に。

あでもね。ゲバラもキューバ革命後、前政権の拷問担当官を600人ぐらい処刑したらしいです。
怖いとこありますよ。
でもでもでも・・・。

戦争ってのは、嫌なもんですね。
「祖国か。死か」ですもんね。中途半端のどっちつかずは許されないもんなー。
みんな仲良くできるのが一番の理想です。
やっぱガンジーでも観る方がええのかな?観たことないけどさ。

これを観て、すごく気になり出したのは、ゲバラとカストロの関係です。
カストロが、ゲバラの理想主義についていけなくなり、厄介ばらいに、政界から追い出した説もあるみたいなんだけど、実際んとこどうなんでしょ?

「なぜボリビアを革命の地に選んだのか?」という問いを、最期暗殺?される前に聞いたらしいんです。
「自分一人が決めたのではない。いろいろな立場の人の判断で・・・」とゲバラが返事。
「じゃ、カストロか?」と聞くと
「違う」とゲバラ。。
どないなん?その辺。気になるんですが。

あたしとしては、カストロとゲバラは仲良くとまで行かなくても、そんな厄介ばらいで、言うてみれば、間接的に殺す気でボリビアに送り出したとか思いたくない。
そんなん悲し過ぎる。
でも、カストロが、チェの別れの手紙を公の場で読み上げたことに対して、チェはすごく動揺し怒ってたようです。
「もうこれでキューバにはもどれなくなった」と。
カストロはそうなることを計算ずくで読んだんかな?どないなんそこんとこ。
カストロ自身は、この映画の中で、チェとは最後まで仲が良かったと言ってますが・・・。
シエナマエストラからボリビアまでチェと一緒だったベニーニョさん(この人は生還した)も、「カストロは悪くない」と語ってます。
でもカストロは、今まで生きてきて一秒たりとも他人からの評価を気にしたことがない男(自分で言うてた)ですよ。
一人で勝手に仲良いと思い込んでる場合がありますよね。

すんごい、カストロさんが気になります。
なもんで、次は「コマンダンテ」観てみようと思います。

コマンダンテ COMANDANTE [DVD]コマンダンテ COMANDANTE [DVD]

販売元:TCエンタテインメント
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画「チェ・ゲバラ 人々のために」 | トップページ | プラネタリウム(全天周CGムービー)「銀河鉄道の夜」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コマンダンテ、私も今日たまたまチェックして、これは見なければ!って思っててん。

カストロがゲバラの理想主義(ゲバラにとっては理想主義ではなく、唯一の方法やったと思けど)についていけなくなったという見方は、もちろんあるとは思うねん。

ただ、ゲバラにしてみれば、カストロのロシアとの中途半端な関係維持に疑問を抱いていたという説もあり、キューバを開放に導いた後のキューバの政策に関わる中で少しずつズレが出てきたような…
そういったズレの積み重ねが別れに至ったんちゃうかなと推理しとります。

カストロがボリビア行きをすすめたのは、ゲバラを邪魔に思ったからではなかったと信じたいわ。(ゲバラが報われないもんね)
考え方にズレが出ていたゆえにゲバラの意図を正確に把握でずにミスチョイスをしてしまったんちゃうかな。

あと、ゲバラの最後やけども、ゲバラは自分はあくまでも一兵で、自分が闘争の中で死ぬことは避けられないと思っていたようやから、死後の悲惨な扱いも覚悟は出来てたと思うねん。

敵にしてみれば、革命の象徴であるゲバラを倒したこと&悲惨な最期を世界中に知らしめる→革命派の士気を下げる→一気に討伐したかった…だろうから、ゲバラには敢えてむごい仕打ちをしたのかも。

でも、士気は落ちないところか逆にアップしたようで、ゲバラの考えを踏襲した革命家が各地で奮起して、ゲバラのやろうとしたことを途中で止めてはならない…って燃えたみたいやから、ゲバラは死んでも影響力を持ち続けたってことやよね。

結局は、ゲバラをボロぞうきんみたいに扱った人達の思ったようにはならなかった…そこがゲバラの人徳をあらわしているのかも。

どっちにしても、「この伝説になった英雄」は、ゲバラ好きには悲しいシーンが多そうやから、体調の良い時に見よーっと!

明日の写真展…楽しみにしてまーす。
フィギアとかあるかな~~heart01

投稿: チヨ | 2009年1月28日 (水) 17時47分

flagチヨさん
コマンダンテはおもろそうよな!
カストロも相当な人っぽい(偉人変人?)
カストロを知ると、もっとゲバラのこと知ることができそうやしな(結局はゲバラのことが知りたい)

確かにあたしもチヨさんと同じように思ってる。
カストロが「マジうっといゲバラ。ボリビアで死んでしまえ」てな感じではない!と信じたい。そうじゃないとやってられへん。
一応、ボリビアでの軍事支援とか、カストロがやってたんやろ?

ゲバラの理想主義について行けない、カストロの気持ちもわからんでもないわ。確かに。
きっとゲバラも誰よりもカストロのことわかってそう(別れの手紙を読むと)。
でも、ゲバラは自分の気持ちに真っ直ぐしか生きられへんお人なんやろなー。中途半端はないもんな。
きっとカストロもゲバラのこと誰よりもわかってはるやろし。
カストロはゲバラのことは止めれないって言うてたよ。
言い出したら聞けへんぽいもんな。。。ゲバラって。頑固じじぃつうか。

キューバを去る直前の、国連での大国批判みたいなゲバラの演説やけど。。
もう、言うだけ言うてキューバ政府辞めてもいいし!的なもん感じるわ。

ほんまやね。ゲバラを殺すことで士気が下がるやろって勘違いしてたんやね。
ゲバラはそのことはわかってたみたいやね。
自分が死のうが、どってことない。誰かががまた立ち上がるだけやしって。
ぜったいに正義は勝つ!死んでてもそんな目してはったわ。
決して、悔しそうな顔ではないよな?
やっぱあれは自分にいつわりなく、真っ直ぐ生ききったからかな?

でも30年、バリェグランデの空港に埋められててんやろ?
それもひどくない?扱いが。。
遺体を思い切り公開してるのに、なんでそうなるんかがわからんわ。

写真展楽しみやね♪
いろんなゲバラが見れそう!
かっこええのもいいが、かわいいゲバラが見たいなー(笑)
なんしか熱くゲバラについて語りましょ!←怖いわ。

しかも、異常に返事長いし。。すんません。

投稿: チェブ | 2009年1月28日 (水) 23時18分

ゲバラに惚れたに笑ってしまいました。ごめんね。
ゲバラ本人も男前やけど、演じてるのがベニチオ様(この映画じゃないけど)なら私も惚れちゃうやろうな~。まだ見てないけど、そのうち見ます。

うちの死んだ父がバリバリの共産主義支持者(私は違うけど)だったのと、キューバという国自体が好きで、ゲバラの本も昔から一度読んでみたいと思いつつまだ読めてません。気合がいりそうなんで。。。
なのでチェブちゃんの陶酔ぶりがすごくうらやましかったりします。
どっぷりはまってみたいわ。

本と映画はまだだけど、wikiでちょっとだけ勉強しましたよ~。若い頃も男前やね~、って結局そこかいっ。

投稿: わたがし | 2009年1月30日 (金) 14時23分

flagわたがしちゃん
久しぶり~♪
そうそう、ベニチオ様のゲバラはすごくいいよ。ほんま自然やもん。

あたしのこの感想も、まさに惚れた女的で、ゲバラの政治的に成し遂げたこととか、ゲリラ戦法とか、小難しいことには全く興味がないのが笑えるよね。

父、バリバリやったんやー!
ゲバラのことはどう思ってたんやろ?

キューバ!
今一番行きたい国です!
いいとこっぽいよねー。
でもすごく遠いな。。

ゲバラ本、、今「ゲバラ日記」読んでるが、まったくおもんない。
かなり気合いる。
惚れてるあたしでも、おもんないって・・・どないなん?

ゲバラ、男前です。生き様が顔に出てるよね。特に目が素敵!


投稿: ちぇぶ | 2009年1月30日 (金) 16時03分

チェバラさん

こんばんは。
勝手に改名しときました(笑)

今日、ウチから最も近いツタヤに行ったところ、「人々のために」「伝説になった英雄」「コマンダンテ」どれもなかったよ~~。
しょぼすぎるsweat01

仕方ないのでツタヤDISCASをチェックしてみたら、「全部あった!!!」ので、再入会手続きをして、「コマンダンテ」以外を予約完了。

「コマンダンテ」を予約しようとしたところ、オリバーストーン(監督)が絡んでいる(あまり好きでない)ことに気が付いたので、別のカストロ作品をチョイスしときました。

早く届きますように♪

「ゲバラ日記」、遅々として読み進めてるよ。
少しずつボリビアにおける相関図もつかめてきたので、最後まで頑張れそうrock

投稿: チヨ | 2009年2月 1日 (日) 19時40分

flagチヨさん
ほんとツタヤ、しょぼいよねー!
なんもないよー。
もっとゲバラ関係充実させてほしいよね。
マニアにも愛の手を・・・。

でもディスカスはあるんやねー。
あたしもディスカス再びチャレンジしようかなー。
別のカストロ作品とはなんざんしょ?
また感想聞かせてねー!

ゲバラ日記、相関図まで理解とは!!?
素晴らしい。
さすが読書好きのチヨさん。
あたしは文字は読めども頭に入らない状態で。。なもんで返した(涙)

そうそう、アレイダ本、うちの図書館では予約2人入ってたよ!
あとカストロが書いた「ゲバラの記憶」とかいう本もすでに予約1人。
そこそこ、ゲバラ人気キテルかも。
本は、ちょっくら待たねばなりませぬ、でも、買いたくはないし(笑)

投稿: チェバラ | 2009年2月 2日 (月) 11時53分

カストロDVDの名は「フィデル・カストロ×キューバ革命」で、このDVDを見た人はこのDVDに興味を持っています…みたいな流れでゲバラDVDから行き着いた作品やねん。

今、DISCASのHPでチェックしたら、↑と「人々のために」が発送確定になってた!
「伝説」を一番先に見たかってんけど、カストロDVDがあまってたんかな。

「ゲバラ日記」やっと半分くらい到達したよ。
もう2000人に包囲されている状態なので、緊張感が高まってきたー。

昨日は、本を読みながら、仲間の死や脱走する人達も出ている中で最善を尽くすゲバラの姿勢に泣けてしまったわweep
危機が迫っていても、私欲とは無縁のゲリラ隊としての使命を、祖国ではないボリビアで果たそうとしてるんやもんね。

ゲバラ日記、地味に読み進めた甲斐あって、やっと入り込めた感じ。
こんなにしんどかった本は初めてかも~~

アレイダ本、届いたと思ってたら、別の大昔に予約してた本で、まだ入手できてないねん。
前に借りた人が延滞しているんやわ…きっと。私が予約の1番だったのに遅すぎるもん。

投稿: チヨ | 2009年2月 2日 (月) 16時16分

flagチヨさん
フィデルカストロ&キューバ革命ね。
きっとツタヤないやろなーdown

人々のために、明日ぐらいにはくるんちゃう?
楽しみやわー、感想が。

ゲバラ日記。。
泣けるんやね!!
それは驚きやわ。
やはり最初からきっちり読むとそこまで入っていけるんや。

あたしも8月ぐらいから最後までは読んだかもしれん。
でも途中飛ばしてるから涙は出なかったなー。
確かに、最後まで冷静やでな。
死ぬ間際まで。

でも馬しばきまくって怪我させたりしてるやろ?ゲバラ、やっぱ怒ったら怖いよね。

アレイダ本、案外読みづらいんかな?
読みづらいとついつい延長しちゃうよね。。
あたし読めるん3ヶ月先ぐらいちゃうかな。
ゲバラ熱続いてるんだろうか・・・。

投稿: チェバラ | 2009年2月 2日 (月) 16時43分

チェバラさん

「コマンダンテ」、やっと昨日見たー!
ツタヤDISCAS、ゲバラDVDの為の1ヵ月だけの復活なので(来月からまた休会)、昨日届いたDVDを今朝メンマにポストに入れてもらうという短期間のレンタルやったけど、堪能したわ。

カストロの印象、目の前でじかに話を聞いたらきっとゲリラに加入してしまう…人間的に魅力のある人ではあると思った。
話す時の仕草なんかもちょっとしたマジックというか、相手を惹き込む術を持って生まれた人なんやろなぁって感じやねん。(ただしティーカップを持つ指先の動きはキモイ)

何よりふるまいが紳士的で…そして時々うっかりかっこよく見える瞬間まであるねんcoldsweats01
人相的には全然好みじゃないのにsweat01

「私は国民の奴隷」なんて語るカストロの話を聞いていると、「なるほど」って思うし矛盾もないねんけれど、当時を知る人物達の話とは全然違うから、やっぱりこの人は「自分を取りまく環境ごと演出してる」って思ってしまう・・・。

自分なりの見解で過去の話に整合性の付けている様子は頭のよさを物語っているし、ゲバラの事を話す時なんかは、死後も人気者であるゲバラの悪口は決して言わないものの、ゲバラが自分の考えでコンゴやボリビアに行き、自分が関与していないことをうまく強調してたsweat02

口も達者で頭もいい、そしてジェントルマン…でも、純粋な人というイメージは全く沸かないねん。
ここがゲバラと違うとこかな。

それにしても、オリバーストーン監督がうっとうしかった。
出て来んでもよろしいって感じbearing

この「コマンダンテ」と一緒に「闇の子供たち」というDVDを借りてんけど・・・「闇の子供たち」はヘビーな内容であるものの、アジアの闇を描いた力作だったよ。
食欲が失せるほど・・・

投稿: チヨ | 2009年2月27日 (金) 12時46分

flagチヨさん
カストロ、、。なんかすごそうやなー。
めっちゃみたいわ、コマンダンテ!

ゲバラみたいに清廉潔白、裏表ない。って感じが、カストロにはないのかなぁ?
でも、どこぞの北の方の長みたいな、負のイメージは、カストロにはないのかな?
すごい、カストロのこと気になるのに、図書館も、楽天レンタルも、なかなかカストロのが借りずらいのよねー。。
カストロ人気なんかね。

でも、全く好きでない、どちらかと言えばキライな方。なのに、かっこよく見えてしまう瞬間がある。。ってことがスゴイなと思う。

カストロマジックですな。
どうせ、ゲリラに入隊するならば、マジックにかかってる方がええのかも。いや、どやろ?

ゲバラとの仲、ほんま一番興味あるんやけど、カストロの話では真実が見えなさそうやな。。。

オリバー監督、しゃしゃり出てるんやね。
きっと濃い性格にちがいないよね、作品たちが物語るよな。。

闇の子供たち・・・。
ヤンソギルやったよね?
めちゃ気になるわ。楽天でかりよかな?

ヤンソギル、、かなりどんよりするよね。。
あれ、キライな人キライやろな。
血と骨&夜を賭けてで、かなり心の奥底までキタのを記憶しております・・・。
あの人、半端ないよね。。
馳星周より来るかもしれんわ。

投稿: チェブ | 2009年3月 2日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「チェ・ゲバラ 人々のために」 | トップページ | プラネタリウム(全天周CGムービー)「銀河鉄道の夜」 »