« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の13件の記事

映画「チェ・ゲバラ☆伝説になった英雄」

伝説になった英雄 [DVD]伝説になった英雄 [DVD]

販売元:エプコット
発売日:2003/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1997年 フランス/96分 監督:モーリス・ダゴソン

ドキュメンタリーでゲバラの歩んだ一生を紹介してくれます。
ゲバラの周辺の人達、カストロまでもゲバラについて話してくれてます。
何も知らなくてもこれでゲバラのことをかなり知ることができます。
でも内容はかなりヘビーですが・・・。

これは。。
この映画は。。この前見た、「人々のために」とえらく見終わった後の気持ちが違うわ。。
この映画、泣きそうです。泣くというよりももっと嫌な感じでもやもやというか。。
「人々のために」でゲバラに完璧に惚れたあたし・・・今回の「伝説になった英雄」でかなり悲しく切ないブルーな気持ちになってしまった。
このなんとも見た後の気分が違うのは、アルゼンチンとフランスの差かね。これは。
アルゼンチンはラテン系というか、明るい感じやったんやけど、こっちフランスのんはゲバラの人生丸ごと描いてて、特にボリビア~最後までの内容が濃いくて、これでもかとガンガンきますshock
なんか頭痛くなってるし。。今。辛い。惚れたから余計辛いんだろうね←かなり妄想です。放置してね。

キューバ革命の後からが、長く、そして、内容が濃い(どうやって捕らえられ、殺されたかとか)ので、ゲバラ好きとしては、かなり悲しい気持ちに。。。
あんなに輝いていた人が、政界を追われ(自ら出て行き?)行き場がなくなり、たまらない孤独感に襲われ、最後は悲壮感に溢れてきます。
理想だけが支えでゲバラは生きてる。ゲバラにはそれしかないんですから。。
なのに、ゲバラの描く美しき理想が、こっぱみじんに玉砕されるというか。
彼の純粋な信念が、こんな最後をむかえるなんて。。
最後なんかゲバラの隊は20人でボリビア政府軍は2000人で追跡とか言うてたよ。
そんなん弱いもんいじめちゃう?
なんでそこまでゲバラを追い詰めるんだ?世界は?てかアメリカは?なのかな。
それぐらいの脅威なんだろうね、ゲバラが。
ゲバラは死んでしまったけど、今もなお勢いあるもんね。影響力すごいわ。
ついに南米からうちん家までやってきたし(笑)
生きてる時よりもパワー増大したんちゃうかな?

でも、捕らえられて、殺される最後まで、勇敢やなって思います。
CIAの捜査官フェリックス・ラモスに「売国奴に話はない!」と顔にツバを吐いたらしい。
てかこのフェリックス・ラモスはボリビア人なんでしょうか?そこんとこはよくわからんが売国奴であることはまちがいないのでしょう。

ゲバラの遺体がボリビアのバリエグランデの洗濯小屋で、みんなの見世物みたいになってるシーン。
きっちり映像が出てきます。
かなり辛いです。
日本人にはこれはあんまり考えられません。
ラテンアメリカの文化的にはどうなんでしょうか?OKなの?

しっかし、ゲバラの最後は、いろいろと考えてしまうのです。
現実はそんな甘くないわよ。なんやいうても汚い奴らがのさばる世の中なのか。。
美しき理想なんてばかばかしい夢物語でありえないのか。。
とかいろいろな思いがグルグルと回り、すんげーやな気分になります。
きっとゲバラがいたら、こんな優柔で迷いの多いあたしに、ガツン!と喝をいれてくれるでしょう。
「逆境を克服すれば、不可能も可能になる。きっとできる!」とか言ってくれそうです。←妄想です。

あんなに勢いのあったゲバラが、こんなぼろぞうきんみたいに洗濯小屋でゴロンと置かれ、みんなに見物されるなんて。
ずっと人々のためにと、戦ってきたのに。
自分の祖国アルゼンチンちゃうで、キューバやで。コンゴやで。ボリビアやで。全部ひとさまの国やんか。
でも、ぼろぞうきんみたいにされても、ゲバラの目は綺麗だった。本当に。

あでもね。ゲバラもキューバ革命後、前政権の拷問担当官を600人ぐらい処刑したらしいです。
怖いとこありますよ。
でもでもでも・・・。

戦争ってのは、嫌なもんですね。
「祖国か。死か」ですもんね。中途半端のどっちつかずは許されないもんなー。
みんな仲良くできるのが一番の理想です。
やっぱガンジーでも観る方がええのかな?観たことないけどさ。

これを観て、すごく気になり出したのは、ゲバラとカストロの関係です。
カストロが、ゲバラの理想主義についていけなくなり、厄介ばらいに、政界から追い出した説もあるみたいなんだけど、実際んとこどうなんでしょ?

「なぜボリビアを革命の地に選んだのか?」という問いを、最期暗殺?される前に聞いたらしいんです。
「自分一人が決めたのではない。いろいろな立場の人の判断で・・・」とゲバラが返事。
「じゃ、カストロか?」と聞くと
「違う」とゲバラ。。
どないなん?その辺。気になるんですが。

あたしとしては、カストロとゲバラは仲良くとまで行かなくても、そんな厄介ばらいで、言うてみれば、間接的に殺す気でボリビアに送り出したとか思いたくない。
そんなん悲し過ぎる。
でも、カストロが、チェの別れの手紙を公の場で読み上げたことに対して、チェはすごく動揺し怒ってたようです。
「もうこれでキューバにはもどれなくなった」と。
カストロはそうなることを計算ずくで読んだんかな?どないなんそこんとこ。
カストロ自身は、この映画の中で、チェとは最後まで仲が良かったと言ってますが・・・。
シエナマエストラからボリビアまでチェと一緒だったベニーニョさん(この人は生還した)も、「カストロは悪くない」と語ってます。
でもカストロは、今まで生きてきて一秒たりとも他人からの評価を気にしたことがない男(自分で言うてた)ですよ。
一人で勝手に仲良いと思い込んでる場合がありますよね。

すんごい、カストロさんが気になります。
なもんで、次は「コマンダンテ」観てみようと思います。

コマンダンテ COMANDANTE [DVD]コマンダンテ COMANDANTE [DVD]

販売元:TCエンタテインメント
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (10)

映画「チェ・ゲバラ 人々のために」

チェ・ゲバラ 人々のために [DVD]チェ・ゲバラ 人々のために [DVD]

販売元:アップリンク
発売日:2003/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この前、「チェ28歳の革命」という映画を見に行った(withチヨさん)
そこで感じたのは、自分がキューバはもちろん、ゲバラについてあまり知らないということ。
そして、「もっと深く知りたい!!知らねばならぬ!(←なんで?)」ということでした。
この映画「チェ28歳の革命」の感想を書くにあたり、もう少し勉強せねば、感想をイマイチまとめられない。
キューバ危機って聞いたことはあるけど・・・という程度。。
こんなことでは、感想がすべて疑問文になっちまう!?(どないやねん)ってことで、この「チェ・ゲバラ 人々のために」を見ることになったのです・・・。

この映画は、1999年、アルゼンチンの映画で、監督・脚本:マルセロ・シャプセスとなってます。
(キューバでなく、チェの祖国アルゼンチンの映画なんですね)

この「人々のために」はドキュメンタリーで、ゲバラと共にキューバ革命で戦ってきた仲間、キューバ政府で大臣時代の部下、娘のアレイダなどなど、普段のゲバラのことを知る人たちに、インタビューをする形で進んで行きます。
あと、あのいつも出てくるチェの有名な写真(ゲリラヒーロー)を撮った人=アルベルト・コルダも出てきてました!
あの勢いのある写真。革命のシンボル的な写真!それを撮った瞬間の話をしてくれてます。
コルダが話してたゲバラの眼力について、「人込みの中からでも恐怖を感じるほどの眼力」だそうです!!なるほど!
そんな感じでいろいろ話が聞けて楽しいです。
あとゲバラ本人の映像がいっぱい出てきて、ゲバラファンにはたまらなくうれしいですnote

ドキュメンタリーが放つパワーというのはすごいなーと思いました。
この「人々のために」を見ちゃうと、ゲバラという人間を間近に感じてしまいヤバイですwobbly
ゲバラとの距離が近づいちゃったもんね(あほだなー)
魅力溢れるゲバラの話をこれでもかと話してくれる元ゲリラ仲間達。
かなりゲバラ命heart04なあぶない人になってしまいそうな単純な思考回路の自分。
コレ観た晩、なぜか寝つきが悪かったし。。ゲバラに惚れたか?
すでにキューバーにはどうやって行くのか?治安はどうなの?などと調べてしまってます。
(現実は、グアムでのカードの請求が来て、海外は夢のまた夢と言う感じなのに・・・)

ゲバラを知る人はみな、ゲバラについて、こう話す。
冨や名誉には興味がなく、そして、謙虚で誰よりも勇敢(ゲバラがいなければ隊の戦力は半減するのだそうな)、それでいて、本当に気さくで優しく気配りの人だったという。
でいて、顔はうつくしー!(←これはあたしが付け加えた)
ええ??そんな完璧な人間なの?とグラグラlovelyきちゃいます。
戦いを共にしたゲリラ仲間が言うんだから、真実くさいけど。。どうなんだ?
仕事にはとても厳しい人(うるさいらしい)だけど、なんしか、人には優しいようだ。
失敗しても怒ることはないが、不正に対してだけは容赦しなかったそうです。

ゲリラ時代の話。
ゲバラ隊の隊員(下っ端風)が、もう助からないであろうほどの重傷を負い、病院に運ばれた。
その後、ゲバラが負傷した隊員達のお見舞いに来て、その一番の重傷を負ったその下っ端風隊員に注目し、病院に一番手厚い看護をするよう叱り&命令したそうな。。
その隊員はラッキーなことに助かったので、本人さんが、その時の話をしてくれてます。

キューバ政府時代の話。
ゲバラ大臣は、深夜(3時4時)まで働き、なのに、休みの日には、労働奉仕(ボランティア?
で働く)に朝6時から行くような人だったようです。
趣味は仕事だとのたまう、ゲバラ大臣です。こりゃ厳しそうだわ(笑)
みんなと一緒にトラックに乗って、労働奉仕へいくような、気さくなおっちゃんやったみたい。
その働くゲバラの写真、いろいろ出てきます。農場でトラクター乗ったりとか、レンガつんでみたりとか。。蚕?野麦峠みたいなん、やってみたりとか。
こんなの見ると、もしキューバにすんでたら、日曜の労働奉仕ン時に、普通にゲバラとしゃべれてたような気がするなぁ。
でも、怠惰なあたしはゲバラに嫌われそうcrying←かなり妄想入ってます。。

このキューバ革命で共に戦ってきたゲリラ仲間達は、革命後のキューバではそこそこの良い生活をしてはるんですけど、みんなが口を揃えていうのは「ボリビアに誘われてたら、この暮らしを捨てて、絶対チェについていったさ!」と。
でも、あんたら誘われてないのよね、なんで?という疑問はありますが、そこんとこは置いといて、みんなチェが大好きみたいね。
そこにチェのすごさを感じてしまう。
チェの魅力っていったい何?マインドコントロールでもしたか?
でもこの映画でいっぱいチェの映像が出てくるんだけど、ほんとに目がshine、、、目がshineヤバイんです。
優しい目のときも、怖い目の時も、どんなときも並外れた勢いがあるthunder。←心臓止まりそうな勢いです。
チェの目に殺られるね・・・まちがいない。
この映画で、チェが出てくると目ばっか見てるあたし。ちとおかしい?

チェは静かだったと言われてる。
でも静と動、両面あると思われる。
冷静でもあるが、かなり熱い情熱男なチェ。
両極端というか・・・・。だって「祖国か死か」やもんね。
そんな時代背景なんだろうけど、平和な日本にいるとその感覚がわかりにくい。
でも、自分がキューバで奴隷生活してたらきっとちがうよね。

ゲバラ、、もうこの世にいない。
生きてたら遠目でもいいから見てみたかったなー。
真っ直ぐ過ぎるチェが悲し過ぎる。
しっかし、なんでバルビーのいるボリビア行ったんやろ。。えーんcryingついてないわー。。

この「人々のために」の最後、ゲバラの副官だったA・ゲラさんが語る。
「チェは、大臣だろうが、指揮官であろうが、医師だろうが、なんだってできたさ。そんな彼が、一生かけて闘ったのは、名誉や金のためではない、全世界の人民の幸せのためだ。望めばなんだってできただろう。でも、地位も権力も何もかも捨て、地上の貧しき人民の為に、一人のゲリラとして生きたのさ」と。
こう語った後のゲラ氏の笑顔がよかった。
きっとこのおっちゃんもチェに惚れてるにちがいない。

余談ですが、この前、報道ステーションで、「チェ・ゲバラが見たヒロシマ」とかいう特集をやってました。
ゲバラはヒロシマの原爆投下にかなり衝撃やったみたいで、「なぜ日本人はだまっていられるんだ?原爆投下の責任を問わずにいれるんだ?」と質問していたみたいです。
曲がった事は許せない、ゲバラには信じがたいみたいです。黙ってる日本人のことが。
そして、原爆資料館で悲しすぎる現実を目の当たりにしたゲバラは「これからは広島を愛していこう」とつぶやいたそうです。(たまらなくかっこええです。ゲーナがこんなこと言うたらキモイけど)
そして、ゲバラはキューバにもどるとすぐにヒロシマのことをカストロに熱く語り、その後キューバの学校で広島の原爆投下のことを学ばせます(教科書に載せます)
だからキューバの子供達は広島の原爆投下、8月6日のことを知っていました。
弱きを助け、強きを挫く・・・ゲバラってやっぱ素敵やなって思った。熱いぜ、ゲバラ。
「広島を愛する」なんて、口だけで言うなら単なるかっこつけのキザ野郎ですが、すぐさまに実行するゲバラはほんまにかっこええと思います。

「チェ・ゲバラ 人々のために」予告編ってのがあったの貼り付けときます。
今回この映画で、マルセロ・シャプセス監督に、マインドコントロールされたんちゃうか?とふと思うあたしです。。。
この映画観る時は、その辺注意してみてね。
あとチェの目ばかりを見るのは止めましょう。とても危険です。
あたしはもうやられたんで遅いんですけどねhappy02

| | コメント (6)

グアム2日目…④

チャモロビレッジナイトマーケットへGOです!
ヒルトンホテルを17時ごろ出発!とりあえずアウトレットまでbus
プレミアムアウトレットでアガニャレオエクスプレスコースに乗り換えますrunsoonbus
案外すぐにチャモロビレッジeventに到着です!
まだ人はそんなに多くないです。盛り上がるのが19時半ぐらいみたい。
しばらくすると、地元の人たちのフラのステージが始まりましたnote

めちゃほのぼのムードです。
男の人も踊ってたけど、女の子がかわいいのでついつい女の子ばっか撮ってしまった(あたしゃおっさんやな)
ちびっ子達のフラとかクリスマスのフラとかいろいろとありました。
このステージ、ふと気づけば、たくさんの人達が楽しそうに観てましたnotes

Chamoro cameraおもちゃの屋台

Pc240084 cameraテイクアウト弁当とパッタイみたいな麺、レモンをかけて食べる

ゲーナはどうやらチャモロビレッジが苦手なようです。
このローカル色の強い弁当も「こんなん食べられへん。晩ご飯は抜く」と無表情で言ってました。(ヒー、なんかこわいー!)
とびびりつつも、腹が減ったマメ子とあたしは、全く平気でがっつきますpig
このローカル弁当は、日本のほか弁みたいな感じです。
1チョイス$3.50、2チョイス$4.50、3チョイス、$5.50ぐらいだったと思います。
あたしは2チョイスでルンピアとシュリンプなんとか(海老の天ぷらみたいなん)ってのを選んだんですが、ルンピアは早くも売り切れで、1チョイスにしました(他のメニューのごつい肉塊風はもう食べたくなかった。トロピックBBQのトラウマか?)
あと選んだおかずの他に、レッドライスとサラダ(甘酢っぱい)がセットされてました。

チャモロビレッジで、あたしのテンションはかなりup上がってたんですが、反対にゲーナのテンションはかなり低くdown、屋台にも全く興味がないようで、何も見ずにベタッと座り込んでいます。
しかも、何も食べていないゲーナは確実に腹がすいているのです・・・・・・これは危険ですぞ。
その様子に無言の圧力shadowをヒシヒシと感じました。
ということで、まだまだ屋台を見たかったのですが、後ろ髪を引かれつつチャモロビレッジを後にすることに。。
しかし!もしチャモロに行くなら、お土産はここでゲットするのがいいと思います。
DFSで同じの売ってたんですが、やっぱ高いです!
チャモロでは同じモノが確実に安いと思われます。
決して無言の圧力shadowに負けてはなりません!ここは海外なんですから!またいつでもこれるところではないんです!
次回行く時は必ずやゲーナに勝つ!そう心に誓うあたしです。←きっと次回はないんじゃ・・・?

Kamesan camera唯一買った木彫りのカメとビーサン(マグネット)
帰りのバスbusは並ぶこともなくすんなり乗れましたー! 並ばなくてすんだのは、時間の関係(早めに帰った)、もしくは、24日(クリスマスイブ)だからかも。。

| | コメント (8)

グアム2日目…③

朝から海&プールとハードスケジュールを息切れしながらもこなし(と言いつつ誰よりもシュノーケルを楽しんだような・・・)
次は、バスのフリーパスticketを買う為に、ザ・プラザ2階の「楽天ラウンジ」へ、向かいます。
今日は水曜日です。
水曜の晩と言えば?
そうです!チャモロビレッジナイトマーケット!!event←そこまで盛り上がらんでも・・・。
ま、なんしか、そのチャモロビレッジナイト(=ローカルの祭りみたいなん?地元の文化に触れることができるという噂)に行く為に、バスのフリーパスを買おうかと・・・。
オプショナルツアーもあったが、大人一人45ドルです。なんで?高過ぎ!これは自分で行くにかぎるでな!
ホテルでもバスのフリーパスは手に入るみたいなんですが、楽天だと安くなります。
なもんでわざわざ楽天ラウンジまで向かいます!
ザ・プラザまでは、DFS行きの無料バスがあるのでそれを利用します。
これ、便利だけど、バスが異常に古かった。バスの排気ガスの色&量がもうヤバイです。。。車検とかどうなっとるねん?(余計なお世話)

busバスについて書いときます。
  グアムで走ってるバスは2種類あり。
  ①ラムラム路線バス
  ②ザ・ショッピングバス。
   このバスのフリーパス。ツアーで行くともれなくついてくる?ようですが、うちは個人なので、購入せねばなりません。
   どちらも1週間のフリーパスが大人一人、15ドルです。(最近値上がりした?)
   どちらにするか迷うとこですよね。ほとんど同じ路線走ってるんですが、違うところは? 

  ①のラムラム路線バス
  ・恋人岬まで行くコースあり
  ・チャモロビレッジまで乗り換えなしで行く(たぶんそうだったと思う)
  ・でもマメ子も何ドルか忘れたけどかかる。(6歳未満は無料)
  ②ザ・ショッピングバスは
  ・恋人岬行きはない。
  ・チャモロビレッジまでは、プレミアムアウトレットで乗り換え。
  ・チャモロビレッジ直通バスはあるけど、別料金(といっても3ドルくらいか?)
  ・マメ子は無料(12歳未満は無料)
  ・楽天ラウンジで買うとフリーパスが一人9ドルに割引される。

以上のことで、うちは②のザ・ショッピングバスに決まりです。
うちの場合、これで大丈夫でしたよ。マメ子もバス乗って喜ぶし、めちゃ便利でしたgood

| | コメント (2)

グアム2日目…②

シュノーケルやってみました!
タシに宿泊すると、シュノーケルの三点セット(ゴーグル、靴、ベスト)を無料で借りれます。
この三点セットのレンタルは、マメ子用のキッズの分もあり便利です。
あとペダルボート&カヤックにも無料で乗れます。
レンタルショップは9時からオープンなんですが、チェブ一家は行動が早く9時前に行ってしまい、9時のオープンまでプールで一泳ぎでしたcoldsweats01

ヒルトン前の海、魚がたくさんいましたよ。
ハワイのハナウマ湾ぐらいいたと思う。
ホテル前でこんなに魚fishpiscesが見れるなんて、お手軽だし、ちびっ子連れにはありがたいですね。
ちゃんと泳げないマメ子も楽しめるぐらい、海に入るとすぐ岩場ありって感じで、泳がずとも魚が見れます。
ただ、浅い岩場でシュノーケルって感じになるので、岩場で怪我しないように注意です。
魚に集中しすぎて、膝を岩場にぶつけて「いたたた・・・wobbly」ってのが何度かありました。

Pc240057_2camera砂浜がなく、階段下りるといきなり海です

Pc240059 cameraシュノーケル

Pc240051 Pc240053 cameraプールの階段にいた蟹(そこそこでかい)

| | コメント (6)

グアム2日目…①

リゾートなんだし、朝はゆっくり…
なんてことには絶対ならないチェブ家。
というのもマメ子は早起き。
7時には絶対起きる(ほんま腹立つ)
なもんで、リゾートらしくもなく、7時半にはタシのラウンジへ「腹減ったー!」とドヤドヤと向かう。←下品。
そうは言っても、案外人があふれてます。
みんな朝早いね。
まず、席を確保。
するとスタッフが、コーヒーを「おはよう」の挨拶ともにナイススマイルで入れてくれます。
ぐるりと見渡すと、タシは日本人or韓国人で占められているっぽいです。
欧米人!と思うと、日本人or韓国人との国際結婚夫婦ってのもちらほら。
なんしかメインは日本人。
グアムは、日本人ばかりというイメージでしたが、やたらに韓国人も多かったです。
スタッフも韓国人と日本人です。めちゃ礼儀正しいです。
オムレツは焼いてくれてます。味は普通。
朝のビュッフェなんてこんなもんだろって感じです。
特に可も不可もないという感じ。
でも、何か物足りないというか、満足感のなさが継続中。
パンはもちろん、ごはん、味噌汁、おかゆ、チャーハン、焼きそば…などなど。
Pc240034 Pc240036 camera朝ごはん
タシのラウンジからは、全く海が見えない。そこが寂しい。
外で海みながら食べれるとリゾート気分が盛り上がるというかテンション上がるんですが…。
タシラウンジはそこはイマイチ。
いい風に言うと落ち着いた感じではあるけど、テンションは全く上がりませんな、残念ながら。
綺麗な海が目の前にあるのにもったいないなぁ!

ごはんの後は、そのまま庭に出て、朝のお散歩。いい天気です!
Pc240063 camera庭からの眺め
庭にはマンダラスパのバンガローが何棟かありました。
バンガローの向かいに小さめバンガローもあります。そこにはお風呂です(覗いた)
お風呂も外で入れるなんて!開放感があっていいだろうなー!気持ちよさげ♪
マンダラスパならヒルトンで決まり!ですかね。
次回はやってみたいです!
Pc240041 cameraマンダラバンガロー

Pc240039 cameraバンガロー中

Pc240044 Pc240045 cameraマンダラ前の睡蓮

マメ子がまたもや、「プール!プール!海!海!」と騒ぎ出しました。
この時はまだ8時半ぐらいか…。
2日目はまだ始まったばかり。
ハードな一日になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グアム1日目…⑤

プールです。タシ棟から近いです。
一階のラウンジ?からすぐ外に出れます。外出て右に曲がるとすぐプールです。
部屋から水着で飛び出す気にはなれませんが…(笑)
でもタシ1階なら水着で飛び出せるかもしれません…(ほんまかいな)
タシの1階はテラスからそのまま庭に出れるんかな?
誰かタシ1階に泊まった人がいたらコメントお願いします。
Pool cameraプール。左側にジャグジーがあります。
ヒルトンのプールで気に入ったのは、ジャグジーと、上の写真ではうつっていないですが、水深180と深めのプール、そしてスライダーです。
ジャグジーは、あったかくて大人からは人気っぽかったです。必ず誰かは入ってた。
なんとなく温泉気分?で、知らない人と気軽に話したりもできるしグーでした。
水深180のプールはいつもガラすき状態。誰もいません。
なもんでそこで、クロールを本気で泳いだり、疲れたら仰向けでぼんやり浮かんでみたりと、かなり好き放題エンジョイしました。
スライダーもマメ子と一緒に楽しめました♪
Pc230012 camera潜るマメ子。「だるま」だそうです…。
マメ子は平気で潜ってますが…。
夕方のせーか、異常に寒かったです。
ぶるぶるしながら入りました。
あたしは、隣のあったかジャグジーに避難ですcoldsweats01
ジャグジーに入るともう、普通のプールには冷た過ぎて入れません。
グアムって寒い?
唇も紫になるので、早々にプールを退散。

着替えて、ホテル内をなんとなくうろつくと、クリスマスの演奏なんかもしてました。
Pc230013 cameraロビーでクリスマスイベント

そして、晩ご飯は、ヒルトンホテル内の「トロピックBBQ」(料金は、家族三人で150ドルぐらい)です。
到着日やし、疲れてるから、ホテル内で晩ご飯が良いだろうと思い、トロピックBBQにしたんですが、これは失敗ですね。
疲れてようがなんであろうがヒルトンから飛び出すべきです(笑)
はっきり言ってあんなにお腹がすいてたのに、ちょこっと食べるとまったく食べる気がしなくなりました。
肉、海老、チキン、カリフォルニアロール、そば、デザートなど食べ放題で、いろいろもりだくさんあるんですけど。
Pc230017
でも食べたくないんです。まず過ぎて(涙)
多少のまずいぐらいなら、気にしない我が家なんですが。
なぜかみんな少食でした。
ビールも飲み放題ですが、謎のぬるさです。。
そして、足元にノラ猫ちゃんがじゃれてくるというおまけつき。。
これはゲーナが瞬時にして、食欲減退となってました。←動物が苦手な人。
ちなみにあたしは平気です。猫で食欲は変化なし。問題は味です。
でも、ポリネシアンショーは楽しいです。
途中で、観客もステージに連れて行かれて(半強制的)フラを踊るというのがあります。
それでなんとなくおもろいです。
チェブ家は、運よく連れ出されずにすみましたが、ステージで踊ってる人達は意外に楽しそうでした。
ファイヤーダンスとかも、ステージに火がつくぐらいの迫力で、すごかったです。
でも正直んとこ、次はもう行かないと思います。
次回行くなら、ニッコーのBBQにしようと思います(mixiでやたら評判がよい)

そうそう、ゲーナの会社の人も、年末にグアムヒルトンで泊まってたようなんですが、「アイランダーテラス」の味も、かなり×とのこと。。。happy02

****************************************************
グアムとは全く関係ないんですが…。
今日、家の近所の駐車場にこんなモノが…。
2 1_3
これってウォーリーですよね?となりに彼女?みたいなんもおるよね?
映画見てないからよく知らんけど。
なんかすごい…。
思わず携帯でパチリとしてしまった。
でも、ずっと雪なんか降ってないのに。。どこから来たん雪は?
ミステリーだわ。
スゴイ気になる…。変にうまいし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

グアム1日目…④

空港からTAXIで10分ぐらいでヒルトンホテルに到着です。
フロントでチェックインしようとすると、タシクラブ専用のフロントがあるとのこと。
タシ棟の方へ移動。この時荷物を運んでくれたのでチップ渡しました。ちなみにチップ担当はゲーナです。
タシのフロントでは他の一組がちょうどチェックインしてはります。
しばし座って待つ、その間、グァバジュースをいれてくれました♪親切です。
チェックインでは、ヒルトンオーナーの会員にネットで申し込んだので、一応、会員番号を言うときました。
楽天経由の予約なので、ポイントつかないかなって思ってたけど、大丈夫みたいです。ポイントつくみたいです。

いよいよ、お部屋に案内です。この時も荷物の人にチップ渡しました(ゲーナ担当)正直チップ社会はようわからん。
で、楽天で取った部屋はどんなもんじゃい?

Pc230008 Pc230009cameraバルコニーからの眺め。
全然オッケーです!
タシ棟前の庭と海と両方が見渡せてすごく気に入りました。
タシ棟(5階か6階建てでこじんまりしてます)の3階の部屋です。
海にも近いし、あとは庭しかないので静かでいいです。
チヨさんのアドバイスで、プールが目の前の部屋は避けてほしいとリクエストしといたんですが、聞き入れてくれたのかも!?
ダメもとでもリクエスト入れといてよかったです♪
確かに、プール前の部屋は、眺め悪そうでした。
4階ぐらいになると眺めはいいかもしれませんが…。
でも、プール近くはちょっとうるさいかもです。

しばし、部屋で休み、晩ごはん前にプールです。
正直行きたくはないが、マメ子が許しちゃくれません(涙)
なんしかあたしは腹がすいているのです。
この時、16時半ごろか。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グアム1日目…③

体調がよくなったあたしは異常な空腹感です。
マメ子とゲーナが「案外機内食おいしかったでー、マメ子は全部食べたでー」などといらぬ情報を流してきます。
でも一応どんなのか確認すると、中華丼風とか言うてはりました。
悔しいので、ジュースだけは一杯頂きました。

そろそろグアム空港到着です。
そんな揺れることもなく安定した飛行だったと思います(寝てたから知らん)
NWは、シートベルトのサインが出てても案外みんなトイレ行ったりと、自由に動いてたような気がします。
どの飛行機もそんな感じなのかな?

15時ぐらいに、グアム空港に無事到着!
飛行機から降りるともぁ~んと暑いです!この瞬間、テンションup
のんびりと入国審査カウンターに向かいます。すると、すでに行列です。
でもこれくらいの行列たいしたこたあないと並んでいると、なんかめちゃ進むんおそい!!
なんで?
日本やとこれくらいの行列、パパッとはける勢いやのに…。
南国気質なのか?
かなり予想外に待った後、チェブ一家の順番です。
担当者、あたしら一家を待たせてまで、自分のカバンの中をなんや探したり、すんげー自由な雰囲気です。
探し物の後、やっとパスポートちょっと見せてね、って感じでした。
チェブ一家はNW80便の乗客のうち後ろから数えて3番ぐらいとなってしまいました(涙)
「なんか仕事とろいねん!」と大阪人のせっかちな自分は思ってしまった。
南国に来てさっそくイラつく自分がしょーもないわ。
きっと腹が減り過ぎてるのが悪いんだ。

Pc230001
cameraグアム空港タクシー乗り場

次は、荷物を受け取り、タクシーでヒルトンホテルに向かいます。
なんかアロハシャツの男たちが、数人寄ってきて、「タクシータクシー」と言うてはります。
よくわからんが、連れていかれて、そのまま乗車。
「ヒルトンホテルまでたのみます。20ドルぐらいで行くよね?」
「・・・・・・・・・。」
「すんません。ホテルまでどれくらいかかりますか?だいたいでええんですけど。」
「・・・・・・・・・。」
三回ぐらい聞くがずっと無視。ひー!
「ヒルトンホテルの人に聞いたら、20ドルぐらいて言うてたんですが、どうですか?」
これでやっと「20ドルくらい」と返事くれた。なんか変ちゃう?この人。無視怖いし。
確かにヒルトンまで20ドルでした。あとチップを5ドルほど渡したと思うたぶん。
タクシーはカード使えませんでした。
全部現金となります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グアム1日目…②

さて、顔面蒼白になりつつ関空到着。
チェックインは前日に自宅PCpcですませてます。
でも、余裕を持って2時間前に行き、ラウンジwineでくつろごうではないか!と思っていたんです。
が、しかし、全くそれどころではない。
吐き気&足が異常な重さで歩くことさえ辛くなってきている。。確実に重症化している!!?
とりあえず、NWカウンターにて、ペロンペロンの搭乗券ticketを受け取り、スーツケースを預ける。
次はセーフティチェックです。
冬休みのせーか、いつもこんなもんか知らんが、やたらに並んでるやんかshock
とりあえず、行列にはゲーナとマメ子に並んでもらい、ベンチで酔っ払いのおっさんみたく横になる。
キャッキャッと楽しげnotesにしている人たちの中gemini、顔面蒼白でゲロ袋を離せないあたしshadow。かなりの距離を感じる(心理的に)。陽と陰。
この時、今回のこの旅行、キャンセルしようかとゲーナに話してみる。
あたしが行かないなら、マメ子とゲーナも止めるとのこと。
それは痛いな、痛すぎる。←キャンセル料のことね。
とりあえず、飛行時間は3時間半やし、乗ったらなんとかなるやろってことで、やっぱ行くことに。
なんとかセーフティチェックをすませ、出国審査もすませて(あんま記憶ない)再びベンチで酔っ払いのオッサンに(全く人の目を気にしてません)
マメ子とゲーナはこの時、朝ごはんnoodleを食べたらしいが、全く知らない。
しばらくすると「karaokeチェブさま、搭乗口まで来てください。って放送されてる!」とゲーナに起こされる。なんで?
よたよたと行ってみると、マメ子が障害児wheelchairと聞いていたので、もともと予約していた3席と、その並びの3席もあけておいてくれてるとのこと。
おお!!うれしすぎる!!
すかさず、「マメ子は全然大丈夫です!でも、自分はかなり体調が悪いので、並びの3席利用させてもらえませんか?」とお願いしました。←すげー自己中(恥)
この時からNWのこと大好きになってますheart04
しかも、「帰りの便は大丈夫ですか?申し訳ないですがすでに満席なんですdespair
と帰りのことまで、心配してくれるお姉さん、本当にありがとう。
そんなこんなで無事、飛行機にも乗れて、3席を一人で使わせてもらって、寝ながらのフライトです。ほんとうにありがたかったです。
もう座ってられない状態になってたもんで。←明らかに怪しい乗客。
飛行機内では、なぜかひたすらに爆睡。記憶なし。
そうこうして、機内では、出入国カードやら税関申告書やらが配られます。
そのぐらいから、何故かパシッと目覚め、謎の吐き気は嘘のようになくなる。
本来の自分が帰って来た。しゃっき~~ん!
本当にこの時はうれしかったです。
グアムへの旅が、やっとここから始まった気がしました。
いよいよ、グアム空港に到着ですairplane

| | コメント (6) | トラックバック (0)

グアム1日目…①

出発の朝、目覚めると、なんとなく体が重い。
朝が苦手なんでいつものことと、気にせず、出発!
家の前までタクシーに来てもらい、朝ごはんも食べずに、飛び乗る。
あんまり乗り物酔いをしないのに、だんだんと気持ち悪くなってきた。えーん、なんで?
テンションは下がる一方、だんだん無口に。
もう、大阪駅に着いた時には吐くのでは?という勢い。なんも食ってないのにさ。
でも、あの電車に乗らないと時間的にやばい!すでに予定より遅れている!
急ぐゲーナとマメ子。
マメ子にすらおいつけない、よろよろのあたし。
200メートルぐらいおくれてる。もうマメ子の姿しか見えない。
「まってよーマメ子」もう半べそです。アラフォーなのに。
かなり吐き気だけど、ここで、ゲーナにそれを言えない雰囲気。
「どうしたん?」とゲーナに聞かれても「べつに!」と
なんとなく沢尻エリカ風なチェブを装い関空快速に乗車。
ラッキーなことに座れました。
しかし、10分も電車にゆられると限界です。
ゲーナに「なんかビニール袋ない?なんでもいいから袋!!」と叫ぶ。
そこからビニール袋を離すことができず、吐きつつ関空まで。
めちゃ雲行き怪しいやん…やばいぞ、自分。
ゲーナは「なんでそんなんなるの?昨日飲み過ぎたん?」
「そんな飲んでへんやん!」と一言放ち、ビニール袋に顔をつっこみ、日根野まで。
ここで乗り換えです。
乗り換えてから座れず。つらい。立ってることが、かなりキツイ。
立ちながら、吐きながら、人にじろじろみられながら(そらそうよね。でもしんど過ぎると人の目はどうでもよくなるね)関空まで到着!
やったー!!でもしんどいーー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅の準備、出発まで。

旅の準備は、みなさま、早めにすませましょうhappy01

これはいつもわかっちゃいるけどできないですねー。
キャンプの準備と同様、かなり追い詰められないとできない。。
今回のグアム旅も、ホテルを予約したあとは、放置。
一応、グアムのガイドだけ読んでる状態。
最後の方など、グアムガイド本も飽きて、石けん作りの本を読んだりしてましたもんcoldsweats01
で、三日前ぐらいか?急に海外旅行保険どないしよ~~となったり、、
前日ぐらいか?日程表やら、緊急連絡先などかなり焦って入力してプリントアウト。。決算期の鬼課長みたいでしたよ(知らんけど)
なんしか追い詰められ怒号飛び出しそうやったんです(笑)
この日程表やらのベースとなるものは、だいぶ前にチヨさんからもらってたんで、後は簡単に入力だけでよかったのに、ギリギリまで放置。
「なにのんびりしてるの?」と、あの時のあほな自分に言ってあげたいですよ。できることなら。。

oneホテルについて
そういえば放置となるまえに、リクエスト(チヨさんからのアドバイス)だけはしてました。
・ヒルトン、タシクラブ、オーシャンビュー3泊
・ウェスティン、ロイヤルビーチクラブ、オーシャンビュー2泊
楽天トラベル経由で、上記ホテルを予約したんですが、これはくせものです。
リクエストが通らないんですよ。まったく聞いちゃくれねー!って感じです。
楽天トラベルに言うても、「ホテルに言うてくれ」でおしまい。
ホテルに言うても、「楽天に言うてくれ」でおしまい。
それでも、一応、電話したり、メールしたり、こちらの希望を伝えるだけは伝えときました。
楽天トラベル、ウェスティン、ヒルトン、この3社の対応の中では、ヒルトンがまだよかったです。
まだ相手してくれました(笑)
メールで、「一応理解はした。いい旅を!」みたいな返事くれたし。
もう、できることはしたし、部屋がどうなるかは運にまかせるしかないという感じ。
楽天トラベル経由で予約が、安かったのでしゃーないと、あきらめ、その後、放置状態となりました(笑)

two荷造りについて。
スーツケースは2日間ぐらいリビングにデン!といすわり、開いたまま放置。
そこに必要なモノを放り込むというワイルドさ!?
この荷造りに、案外便利やなーと思ったのが、風呂敷(ばばくさ)
この風呂敷(つうか、あたしの場合は、水着ん時にデブ隠し用のパレオなんですがcoldsweats01)があれば便利でまとまります。
着替えとか風呂敷で包むばばぁスタイル。
風呂敷が必要ない時は、たためばいいしね。
スーツケース、大1個だけでいいかなぁっと思ってたけど、やっぱ小1個も持って行って正解でした。
帰りにお土産入れたらパンパンでした。

three海外旅行傷害保険について。
大人2人はクレジットカードについてる保険でいこうと思ってました。
マメ子の分だけ、空港でかけてもいいやと放置していたのですが…。
mixiの方のグアムのコミュで、現地での医療費はシャレにならないほど高いとかなんとか書いてあったんですeye
万一、盲腸で入院となったり、救急車をよんだりとか、そんな場合は、100万単位でガンガン支払うというような恐ろしい内容でして。。shock
で、ゲーナ隊長のカード付帯の保険を調べると医療費200万円までとか書いてあるんです。
ちなみにこのカードの保険は、旅行における交通手段をカードで支払った時から保険がかかるとのこと。
飛行機代をこのカードで支払えばそれでいいんだろうけど、うちはそれはしてなかったので、グアム出発の日、家から大阪駅までタクシーに乗り、そこでカードを使いました。
なんとなく不便でした。
カードの利用なくても保険がかかるクレジットカードもあるのに…。
で、医療費の件に戻りますが、カードの保険の200万ではイマイチっぽいと思い、チヨさんに聞いてみました。
すると、損保ジャパンで家族三人でかけるのはどう?ということでした。
焦るあたしは、すぐさまネットで保険に加入。この時点で3日前ぐらいやったと思います。
でも損保ジャパンは仕事が速く、出発前にきちんと保険契約証だの郵送してくれましたよ。
案外ギリギリでも間に合います。焦らなくても大丈夫だと自分に都合のいいように学習(笑)
保険代は家族三人で6260円でした。治療費は2千万まで出るみたい。気にしているのは、そればっかですが…coldsweats01
保険とかほんまめんどいしよくわかんないですよね。
でも、これでなんとか安心して旅に出れそうです♪

four両替について。
チヨさんにどれくらい両替したん?と事前に聞いてみると「1万くらい」とのこと。
確かに使うのは、チップ代ぐらいやし、それぐらいでいいやーと、1万円だけドルに両替です。
両替した日は、1ドル=93円でした。
あとずっと前にハワイに行った時の残りの30ドルが家にあったのでそれもプラスして、140ドルぐらい持って行きました。

いざ、出発ですairplane
どうなることやら。。。チェブ一家。
現地ではチヨさんと連絡は取れへんし(笑)

****************************************************

グアムには、全く関係ないんですが、お友達からもらいました。
おもろうれしかったのでのせときます。
案外かわいーでー、せんと君。むふheart04
Sento4 Sento5
cameraせんと君のピンバッチ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!!

fujiHAPPY NEW YEARfuji

2008年はお世話になりました。

今年も変わらずよろしくお願いします。

みなさんにとって、今年もよい年になりますように☆

ところで、2009年、正月はどうでしたか?

あたしゃ、悲惨でした、のっけからかなりきつかったです!

ちょっとチェブの正月について書かせてもらいますわ!

元旦は無事終えました。

2日は無事終えました。と言いたいところですが。。

2日、午後8時頃に食べた蟹。こやつに当たったようです。

2日午後10時から3日の午前5時まで吐きまくり。胃液を吐こうが許しちゃくれない。

3日、ポカリだけで寝たおす(38.5分の発熱&頭痛)。薬は、陀羅尼助と抗生剤クラリスとロキソニンを適当にのむ。

4日、37.5分に下がるが、異常にダルイ&頭痛。食はおかゆのみ(レトルト)。だらだらと寝ていることをゲーナに叱られる(なんで?)。薬は、陀羅尼助と抗生剤クラリスとロキソニンを適当にのむ。

5日、熱は下がる。なんとなく復活。食はぞうすいのみ。(ちなみに今すごくコーヒー飲みたい!!)。「絶対痩せてる♪」と体重計に飛び乗るが、太っていたshock(納得できない)

Darani
camera愛してます陀羅尼助

久しぶりに、吐き発作(勝手にそう名づけてる)の恐ろしさを実感した正月でした。

年末年始から続く暴飲暴食も起因しているのかもしれません。

もう絶対に腹八分目と決意するチェブです。

今年の目標は「腹八分目」です(あほくさいが本人は真剣です)

大好きだった蟹もなんとなく嫌いです(涙)

そして、あたしが寝込んでいる間に、ゲーナとマメ子で初詣に2回ほど(笑)行ったみたいなんですが、おみくじが一度目はマメ子が引いて「吉」。2度目はゲーナが引いて「大凶」やったみたいですわ。あっちゃ~~~wobbly

そういう、あたしも「大凶」をよく引きます。てか、ゲーナより大凶の達人です!

なんどか連チャンで「大凶」を引いて以来、今ではおみくじ恐怖症となってます(びびり)

まだ、初詣も行けてないです…とても神社大好きなのにね。

神様、遅くなりましたが、必ずや、馳せ参じますんで、あまりお怒りにならぬよう…。。←あほです。

そんなこんなで、とんだ2009年になりそうです。

ブログの方は、今年は、もう少しがんばって、更新できたらいいなぁーと、軽く思ってますんで、よろしくお願いします♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »